動画×SNS=成功への近道

ひと昔前には、考えられなかった話である。

動画は、素人が撮った自分本位のものと思われていた。

SNSなんて、今みたいに自分発信の自己メディアになるとは思わなかった。

ところが、それぞれが成長し、レベルアップし、今やマーケティングに欠かせないものとなった。

 

動画は、文字表現の数万倍の速さで情報を伝達する。

SNSは、その動画を投稿なり、シェアすることにより、拡散することができる。

この2つを使いこなせれば、最強のマーケティングと言えるだろう。

 

ところが、私の働くフィールドである、宿泊施設、温泉施設などの業界では、この手法に力を入れているところは、ほとんどない。

悲しいかな、日本人特有の前例主義、横並び大好き、協調路線がこうさせているのか・・・。

 

土台であり、ベースキャンプである自社Webサイトに、この方法、つまりYouTube動画と、SNSを組み合わせれば、よりたくさんの人たちに知らされ、理解されていくだろう。

温泉だって、客室だって動画の方がよく分かる。

料理なんて、湯気も出ているし、肉が焼ける音もする。

周辺観光だって、ドローンを飛ばせて見せれば、こんないいところがあったのかと認識させてくれる。

 

いま、情報をできるだけ時短で、深く伝えていくかによって売り上げが違ってくる時代。

そういった意味では、私がやっている事は、絶対に間違っていない。

実績も、少なからず積み上げてきた。

そういえば、最近営業的なことは忙しくてできていなかったが、時間を見つけて、ここ数日で4軒ほど温泉旅館を営業訪問した。

戦績は、その場で成約していただいたのが1軒。後に成約いただいたのが1軒。残り2軒は、もう一度担当者を出席させるから、再プレゼンしてくれと頼まれた。

 

時代はやっと動いてきたかな・・・。

動画を作れる業者はたくさんある。

温泉を語れる評論家やライターもたくさんいる。

でも、それをマーケティングとして、SNSと組み合わせて応用して、売上げに貢献できる会社はほとんどない。

やはり、オンリーワンの会社は生き残る可能性は高いのだ。

スマホを制すれば世界に勝てる

ある調査機関の最新のニュースで、PCとスマホでインターネットにアクセスする比率は、3:7と聞いた。
動画に関しては、なんと80%がスマホで見ているという。
スマホは、まさに、手のひらにあるという利便性が、現代人にとっての必需品以上、パートナー的な役割を持つようになったという事かもしれない。

ビジネスも、スマホを使ってのマーケティングが大流行だ。
インバウンド需要で活気づく国内の観光業界でも、いかに有効利用できるか、各分野で研究、勉強をしている。

そこで登場するのが、いわゆるコンサルタント。
いち早く、情報を収集するアンテナを持つ彼らは、迷える子羊たちを、魅力的に惹きつける。

しかし、注意しなければならないのは、そこで教える内容だ。
まず、基本の、業界の動きを教えてから、あるところの成功例を紹介する。
こうしたらから、こうなった・・・という感じの。

だいたいが、そこで終わり。
自分の会社に置き換えて、応用させるのは、はやり自分自身の実行力、戦略に頼るしかない。
ヒントを与えてもらって、そこでどうやって次の手を打つかは、自分自身の判断しかない。

他のマネをすれば、それは二番煎じ。
上手くいってもそこそこで、天下を取れることはまずないだろう。

だからこそ、自分の会社の魅力、長所をできる限り、客観的にリサーチする必要がある。
これは、自分自身より、他人に教えてもらった時の方が、気づく事が多い。

スマホを制すれば世界に勝てる・・・といったが、スマホというのは一種のゲームのルールであって、自分自身のチーム(会社)が勝てるようになるには、自らの戦力分析をし、オリジナルの戦略を立てるしかないのである。