最近のホテル・旅館の公式Webサイト

いまや、全国のホテル旅館の公式Webサイトが、画像も含め、洗練されたものが多くなった。

ほんの数年前までは、けっこう各施設で格差があったものだが・・・。

これも、宿泊施設の経営者が、ネット戦略に本腰を入れてきた事に、大いに関連しているからだろう。

 

ただし、Webサイトは、どこも似たり寄ったりの様相。

デザインが良くなっても、個性的なサイトを探すのが難しくなった感じもする。

 

そして、肝心のサイトの中身を検証してみると、私からすると、決定的に欠陥とも言えるポイントがある。

温泉旅館のWebサイトを例にとると、メインコンテンツとしては、施設、温泉(風呂)、客室、料理、アクセス・・・とあるが、その中でも、一番重要なのに、一番手抜きされているコンテンツがあるのに気が付くのだ。

 

それはいわゆる「周辺観光」(宿周辺の見どころ)。

その宿があるエリアには、どんな景勝地、歴史的遺産、施設、そしてイベントがあるか、詳細に紹介しているサイトは少ない。

何も、有名な観光地や景勝地なんて要らない。

そこに、穴場的なスポットでも構わないから、こんな面白いところがあるんだというプレゼンテーションが無さすぎるのだ。

マイナーでも、インスタ映えするスポットの紹介は面白いはずだ。

地元に住んでいると気づかないが、旅行者の目線では新鮮に映ることはよくある事。

最近のインバウンドの隆盛で分かるように、日本人が、気づかなかった魅力を、外国人旅行客が見つけてくれた状況は、皆さんご存知のはず。

 

宿に泊まるだけの目的で旅行する人には関係ないかもしれないが、一般的に旅行者は、旅の途中で、何かしら刺激や思い出に残るような体験をしたいはず。

宿泊先の紹介はもちろん必要だが、それだけであれば、いわゆる自宅の「点」と、宿泊先の「点」を結ぶだけの紹介。

旅行者には、「点」から、宿とその周辺エリアである「面」を紹介すべきと思う。

 

周辺の景勝地、歴史的遺産、施設、イベントは、その宿の「魅力」でもあるからだ。

それを自らのWebサイトで、詳細に紹介しないのは、いかにももったいない。

画像を張り付けるだけ、または観光協会のサイトにリンクをはるだけでなく、他のメインコンテンツと同様に充実させるべきだと思う。

動画は、間違いなく効果的だろう。

旅をさせるための三要素と言われる「時間」「お金」「モチベーション」のうち、一番大事な、旅行をしたいという「モチベーション」を刺激することは、必要不可欠と思うのは私だけであろうか。