露天風呂の宿 静楓亭

今年の6月に、2年ぶりに静楓亭(せいふうてい)に取材に行った。全室、露天風呂付き客室の宿である。福島県、会津磐梯山のふもと、猪苗代湖に近い、自然に囲まれたところにある。周辺は山林だらけだ。

いわゆる一軒宿なのだが、ここの客室露天風呂は桁違いに凄い。

小さな宿では男女別大浴場に匹敵するぐらいの巨大な湯舟に、源泉100%かけ流しというのは、あまりにも贅沢すぎる。最初訪れるほとんどのお客は、一様に驚くという。

「静楓亭」の客室露天風呂(10畳ほどの広さ!)
「静楓亭」の客室露天風呂(10畳ほどの広さ!)

この宿のもうひとつの特徴は、全館バリアフリー対応だということ。駐車場から客室はもちろん、トイレ、はたまた客室露天風呂まで、車椅子で行けるという徹底ぶりだ。平屋造りになっているのも、その理由からだ。

この宿を率いるのは、荒井和夫社長。昭和4年生まれというから、今年で80歳になられる。そのお歳にも関わらず、毎日のように元気で、自ら庭の手入れ、温泉の管理に忙しくしているところが凄い。

荒井社長の孫の年齢ぐらいの料理長、本間浩二さんは、2003年からこの宿の料理を作り続けている。本間さんがこの宿に入った頃には、お二人で全国の美味しいと言われる料理を食べ歩いたという。

本当の家族のように荒井社長は本間料理長を信頼しているようだ。だからだろうか、この宿の料理も評判が高い。今流行の「地産地消」にこだわらず、旬の厳選された素材を使っての献立は、ひとつひとつ愛情のこもったものばかりだ。

この宿のコンセプトは「親孝行の宿」。全室、露天風呂付き客室の宿だからといって、決してお忍び、不倫カップルの宿ではない。

荒井社長の心意気がそのまま宿のキャラクターとなっている、稀有な宿なのだ。

露天風呂の宿 静楓亭/福島県・磐梯山麓温泉

小さな宿の生きる道

2009年の日本の夏、景気は相変わらずどん底の状態が続いている。

円高の状態で、昨年の今頃と比べて燃油サーチャージがないにも関わらず、8月の海外旅行客数も落ち込んだ。

国内旅行に関しても「安・近・短」の旅行にシフトしている。

そんな世の中でも、「旅行」は日常に潤いを与えてくれる。

日頃の忙しく働いている人にとって、自分にご褒美という点では、「旅行」は欠かせない行事だと思う。

そして、このような不況の世の中だからこそ、間違いの無い宿に泊まりたい。絶対に後悔しない宿を選びたいものだ。

貸切温泉どっとこむ」には、現在300軒近い宿が掲載されているが、部屋数20室以下の宿が7割もある。もともと個人旅行向けのサイトだから、当然といえば当然だが、それにはもうひとつの理由がある。

それは小規模旅館の特徴と言えるものなのだが、オーナーの主張、個性が前面に出ていることが多いという点だ。

しかも、個人的に好きなのは、コンサルタントや設計士に任せるのではなく、オーナー自身で宿のキャラクターを作り上げていくところだろう。

その個性の主張は、お客に敏感に伝わり、やがてはリピーター客になっていく。

さらに現代は、インターネットにより、お客自身による宿探しが容易になった。自分自身の”趣味”が合う宿を探しやすくなったのだ。

例えば、オーディオが趣味のオーナー、釣りが趣味のオーナー、お酒が趣味のオーナー・・・など、その宿のオーナーの趣味が分かれば、その宿に行くこと自体が楽しみになっていく。その宿のオーナーと意気投合して話がはずむ可能性もある。

小さな宿の生きる道はここにある。

システマチックにサービスを用意し、思い切った低価格路線を打ち出している一部の大型旅館のように、宿泊料金やお得な宿泊プランなどではなく、”個性”で勝負すべきだと思うのだ。

この不景気の世だからこそ、なおさら思う。

万人に受ける宿ではなく、コンセプトがはっきりしていて、個性が分かる宿は、景気に左右されない。

常日頃、全国くまなく取材旅行をしていると、チェックインの時間帯に、ロビーでお客とオーナーとの再会を喜ぶシーンを何度か目にする。

お客はオーナーに手土産を持参し、お互いの健康に感謝するのだ。

そんな自分に合う宿を見つけたお客は幸せだ。そして宿側も、こんな嬉しいことはない。

お気に入りの宿を持っている人には、別荘はいらない。

その宿には、スタッフの手によりいつでも灯りがともり、人のぬくもりがいっぱい溢れているからだ。

旅をするということ

最近、若い人が旅行に行かなくなったと聞く。

財政的な問題もあろうが、「旅をする」事での、ある「期待感」が薄れているような気もする。

それは費用対効果とも言えるものかもしれないが、「これだけお金をかけたんだから、これくらい楽しいことがあってほしい」と思いながら旅に出てみると、実際は期待通りではなかった・・・・・ということか。

国内旅行に限れば、コンビニで手に入る「じゃらん」を見たり、ネットで予約サイトを見て宿探しをする人が当たり前となって、今や旅行代理店の窓口まで行って宿探しをする人は本当に少なくなった。

それは、情報革命と言えるインターネットの普及が背景にあるが、それは、”薄っぺらな”情報を、大量に、短時間で、手軽に手に入れることができるという事でもある。

その”薄っぺらな”情報で、宿を選び、実際に行ってみれば、自分に合う宿ではなかった・・・ということは多々ある。

場合によっては、宿泊料金だけで選ぶ場合もあるだろう。

そして”失敗”をし、「旅行をする」という事の価値感を見出せず、結果的に旅に出なくなるという悪循環があるような気がしてならない。

しかし、安い宿=悪い宿・・・では決してない。

「自分が求めている宿」に巡りあえれば、それは「いい宿」になる。料金だけではないのだ。

温泉には効能があるように、「旅」にも「転地効果」というものがある。

日常過ごしている環境から、まったく知らない土地に出向く事により、その地の空気を吸い、その地の料理を食し、その地で休む。それだけで、リフレッシュできるはず。

映画でも、テレビドラマでも、日常と違うものが見られるから楽しい。

しかし、それはしょせんバーチャルの世界。

やはり自ら行動し、リアルの世界に動いて欲しい。そうすれば新しい何かのきっかけや出会いが待っているかもしれない。

そういえば、映画やドラマは、そんなきっかけや出会いのオンパレードですよね。