エメラルドグリーンの湯(新潟・月岡温泉)

新潟県・月岡温泉と言えば、温泉ファンなら、その実力をご存知だろう。月岡温泉の泉質は「含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉(弱アルカリ性 低張性 高温泉)」。いわゆる硫黄泉だ。硫黄成分濃度の高さで知られ、その主成分である硫化水素の含有量は日本で一、二を争う(硫化水素イオンが1kg中20~150mg)。ライバルは万座温泉で、源泉によって1kg中250mg(遊離硫化水素)を超えるとも言われている。ちなみに卵が腐ったニオイは、硫化水素が原因となっている。

しかし、数字上では万座温泉より少ない含有量のはずなのだが、月岡温泉は「硫化水素含有量・日本一」と自慢する。硫黄泉は、現在ひとまとめで呼ばれているが、旧泉質名でいえば「硫黄型」と「硫化水素型」と2種類の泉質となり、それぞれ特徴がある。

月岡温泉は「硫黄型」。それは「硫化水素イオン」が主成分で、湯に溶け込み、アルカリ性の湯に多い。万座温泉などの「硫化水素型」は、「遊離硫化水素」が主成分となっており、酸性の湯に多いという。 しかし、万座のような酸性の湯では、遊離硫化水素は、いわゆる“ガス”なので、非常に揮発しやすい。逆に、月岡温泉のアルカリ性の湯では、成分が陰イオンとして湯に入り込み、保持されやすいのだ。また、源泉温度80℃ほどの万座温泉よりも、適温に近い源泉温度50℃ほどの月岡温泉の方が、成分が安定するとも言われている。結果、よりその成分を実感できるのは月岡温泉になるのではないだろうかという論理だ。

硫黄型硫黄泉の温泉の色は、白濁するか、無色透明が一般的。ところが、硫化水素イオンの含有量が多くなると、美しいエメラルドグリーンとなる。

「広瀬館 ひてんの音」殿湯
「広瀬館 ひてんの音」殿湯

その神秘的な湯の色は、まさしく自然の恵み、大地の奇跡とも言えるものだ。ただ、注意すべきは、指輪やアクセサリー類を付けて、湯浴みは決してしないこと。この硫黄泉のパワーは、10円玉に湯をかけると、5分も経たぬうちに黒っぽく変色してしまうからだ。

さらに、月岡温泉は、“美人の湯”として知られている。それは、その条件にあげられる“硫黄泉”と“アルカリ性”と、二つの条件を満たしているから。また、“不老長寿の湯”とも言われており、いわゆる生活習慣病に効くという。硫化水素泉は血管拡張作用が高く、高血圧の治療、あるいは予防効果にもいい。

月岡温泉は、硫黄泉であり、ナトリウム-塩化物温泉でもある。昔の人は塩化物温泉のことを「熱の湯」と呼んでいた。塩分濃度が高いほど、カラダの体温を上げる作用があるのだ。だからこそ、湯冷めがしにくい特性も持つ。

月岡温泉の湯宿「広瀬館 ひてんの音(ね)」では、その極上の温泉をかけ流しの状態で体感できる。硫化水素イオン含有20.7mgの月岡5号井と、113mgの月岡6号井を同時に湯舟に注ぎ込んでいる。温泉雰囲気たっぷりの貸切露天風呂もあり、人気の宿となっている。オーナー料理長である、広川健一さんの人柄が表れた絶品料理は、地元でも評判だ。奥さんである美人女将の存在も忘れてはならない。仲睦まじい夫婦の運営する宿は、温泉もそうだが、宿全体が優しい空気に包まれている。

広瀬館 ひてんの音/新潟県・月岡温泉

露天風呂の宿 静楓亭

今年の6月に、2年ぶりに静楓亭(せいふうてい)に取材に行った。全室、露天風呂付き客室の宿である。福島県、会津磐梯山のふもと、猪苗代湖に近い、自然に囲まれたところにある。周辺は山林だらけだ。

いわゆる一軒宿なのだが、ここの客室露天風呂は桁違いに凄い。

小さな宿では男女別大浴場に匹敵するぐらいの巨大な湯舟に、源泉100%かけ流しというのは、あまりにも贅沢すぎる。最初訪れるほとんどのお客は、一様に驚くという。

「静楓亭」の客室露天風呂(10畳ほどの広さ!)
「静楓亭」の客室露天風呂(10畳ほどの広さ!)

この宿のもうひとつの特徴は、全館バリアフリー対応だということ。駐車場から客室はもちろん、トイレ、はたまた客室露天風呂まで、車椅子で行けるという徹底ぶりだ。平屋造りになっているのも、その理由からだ。

この宿を率いるのは、荒井和夫社長。昭和4年生まれというから、今年で80歳になられる。そのお歳にも関わらず、毎日のように元気で、自ら庭の手入れ、温泉の管理に忙しくしているところが凄い。

荒井社長の孫の年齢ぐらいの料理長、本間浩二さんは、2003年からこの宿の料理を作り続けている。本間さんがこの宿に入った頃には、お二人で全国の美味しいと言われる料理を食べ歩いたという。

本当の家族のように荒井社長は本間料理長を信頼しているようだ。だからだろうか、この宿の料理も評判が高い。今流行の「地産地消」にこだわらず、旬の厳選された素材を使っての献立は、ひとつひとつ愛情のこもったものばかりだ。

この宿のコンセプトは「親孝行の宿」。全室、露天風呂付き客室の宿だからといって、決してお忍び、不倫カップルの宿ではない。

荒井社長の心意気がそのまま宿のキャラクターとなっている、稀有な宿なのだ。

露天風呂の宿 静楓亭/福島県・磐梯山麓温泉

小さな宿の生きる道

2009年の日本の夏、景気は相変わらずどん底の状態が続いている。

円高の状態で、昨年の今頃と比べて燃油サーチャージがないにも関わらず、8月の海外旅行客数も落ち込んだ。

国内旅行に関しても「安・近・短」の旅行にシフトしている。

そんな世の中でも、「旅行」は日常に潤いを与えてくれる。

日頃の忙しく働いている人にとって、自分にご褒美という点では、「旅行」は欠かせない行事だと思う。

そして、このような不況の世の中だからこそ、間違いの無い宿に泊まりたい。絶対に後悔しない宿を選びたいものだ。

貸切温泉どっとこむ」には、現在300軒近い宿が掲載されているが、部屋数20室以下の宿が7割もある。もともと個人旅行向けのサイトだから、当然といえば当然だが、それにはもうひとつの理由がある。

それは小規模旅館の特徴と言えるものなのだが、オーナーの主張、個性が前面に出ていることが多いという点だ。

しかも、個人的に好きなのは、コンサルタントや設計士に任せるのではなく、オーナー自身で宿のキャラクターを作り上げていくところだろう。

その個性の主張は、お客に敏感に伝わり、やがてはリピーター客になっていく。

さらに現代は、インターネットにより、お客自身による宿探しが容易になった。自分自身の”趣味”が合う宿を探しやすくなったのだ。

例えば、オーディオが趣味のオーナー、釣りが趣味のオーナー、お酒が趣味のオーナー・・・など、その宿のオーナーの趣味が分かれば、その宿に行くこと自体が楽しみになっていく。その宿のオーナーと意気投合して話がはずむ可能性もある。

小さな宿の生きる道はここにある。

システマチックにサービスを用意し、思い切った低価格路線を打ち出している一部の大型旅館のように、宿泊料金やお得な宿泊プランなどではなく、”個性”で勝負すべきだと思うのだ。

この不景気の世だからこそ、なおさら思う。

万人に受ける宿ではなく、コンセプトがはっきりしていて、個性が分かる宿は、景気に左右されない。

常日頃、全国くまなく取材旅行をしていると、チェックインの時間帯に、ロビーでお客とオーナーとの再会を喜ぶシーンを何度か目にする。

お客はオーナーに手土産を持参し、お互いの健康に感謝するのだ。

そんな自分に合う宿を見つけたお客は幸せだ。そして宿側も、こんな嬉しいことはない。

お気に入りの宿を持っている人には、別荘はいらない。

その宿には、スタッフの手によりいつでも灯りがともり、人のぬくもりがいっぱい溢れているからだ。