温泉とは?

1948年(昭和23年)に”温泉法”が制定された。
その中で「温泉とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、別表に掲げる温度又は物質を有するもの」と定められた。
その”別表”には、「温泉」の条件は、温度(温泉源から採取された時の温度)が25℃以上。
そして、もうひとつの物質の条件で、以下に掲げるもののうち、いずれか一つが入っていれば「温泉」となる。
溶存物質(ガス性のものを除く)・・・・・・・・・・・・・総量1000mg以上
遊離炭酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・250mg以上
リチウムイオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1mg以上
ストロンチウムイオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10mg以上
バリウムイオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5mg以上
フェロ又はフェリイオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10mg以上
第一マンガンイオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10mg以上
水素イオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1mg以上
臭素イオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5mg以上
沃素イオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1mg以上
ふっ素イオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2mg以上
ヒドロひ酸イオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.3mg以上
メタ亜ひ酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1mg以上
総硫黄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1mg以上
メタほう酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5mg以上
メタけい酸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50mg以上
重炭酸そうだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・340mg以上
ラドン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20(百億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1億分の1mg以上

つまり、温度が25℃以上であれば文句なく「温泉」。
25℃未満でも上記の物質のいずれかが規定の数値以上あれば「温泉」。
温度の条件か、19項目の物質の条件のどちらかが満たせば「温泉」となる。
また、別の言い方をすれば、地中から湧出する温水が25℃以上であれば、上記物質が入っていなくても「温泉」となるのだ。

何か、納得のいかないような部分があるが、これが「温泉法」なのだ。

混浴メガ露天の佳留萱山荘

日本ならではの温泉文化のひとつである”混浴”は、温泉旅館のサービスのひとつとして、現代でも生き続けている。
私も、取材の合間に混浴の露天風呂に入る機会があるが、最近若いカップルや女性グループに遭遇する場面が多くなった気がする。その要因として、女性のバスタオル着用OKのお風呂が増えているという事があげられる。
しかし、それはやはり大きな露天風呂か、開放的な野天風呂でなければ、やはり湯舟でのバスタオル着用の違和感は否めない。

しかし、岐阜県は、奥飛騨温泉郷のひとつ、新穂高温泉の「水明館 佳留萱(かるかや)山荘」の混浴大露天風呂は、バスタオルなど気にならないほどの巨大なスケールで、温泉ファンに喜ばれている。
日帰りでの利用もOKで、女性にはバスタオルのレンタルもある。

「水明館 佳留萱山荘」の混浴大露天風呂・・・・・・・・バスタオルを巻いた女性が一人入浴しているのがお分かりだろうか?お風呂の大きさがご理解いただけるであろう。
「水明館 佳留萱山荘」の混浴大露天風呂・・・・・・・・バスタオルを巻いた女性が一人入浴しているのがお分かりだろうか?お風呂の大きさがご理解いただけるであろう。

名峰・槍ヶ岳も眺めることができるこの大露天風呂は、蒲田川沿いにあり、巨石を配した造りは、野趣あふれるものだ。
中部地方では、間違いなくナンバーワンの広さを誇る湯舟は、3つのブロックに分けられるが、いずれも自家源泉100%かけ流しというから、文句のつけようがない。

秋から冬にかけて、気温が下がる季節になれば、湯気が目隠しになり、女性でもバスタオルをはずすことが多くなるようだ。これもお風呂が大きいゆえの特長でもあるだろう。

こんな、温泉天国のような地は、日帰りではもったいない。
宿泊料金も非常にリーズナブルながら、極上の飛騨牛も堪能できるからだ。

また、個性的な貸切露天風呂を3つも備えており、こちらも是非利用していただきたい。

北アルプスを一望できるこの新穂高温泉を含む奥飛騨温泉郷は、日本屈指の源泉湧出量を誇るエリアでもある。だからこそ、この大露天風呂が誕生したとも言える。
一度に100人は余裕で入れるという巨大な湯舟を、循環をしないで源泉かけ流しでまかなえる点が、とにかく凄いことなのだと認識していただきたい。

水明館 佳留萱山荘/岐阜・新穂高温泉(奥飛騨温泉郷)

「黄金の湯」かけ流しの千明(ちぎら)仁泉亭

伊香保温泉は、群馬県・榛名山の中腹に位置し、万葉の時代から続く歴史と伝統溢れる関東屈指の温泉地。お湯の発見は1900年前とも1300年前とも言われている。

創業500年を超える「千明仁泉亭」は、その伊香保温泉屈指の老舗旅館。

その伊香保のシンボル的存在となっているのが、360段に及ぶ石段街。その石段街そばに佇む「千明仁泉亭」は、明治・大正時代に活躍した文豪・徳冨蘆花(1868~1927年)ゆかりの宿でもある。

蘆花は、伊香保、特にこの「千明仁泉亭」をいたく気に入り、常宿とし、さらにはここで亡くなった。代表作「不如帰」は、この宿が舞台となっている。

さらに、歌人・与謝野晶子、文豪・谷崎潤一郎らも訪れているという。また、現在では、皇室御用達の宿としても知られている。

その歴史と伝統を感じさせる宿でありながら、リーズナブルな料金で宿泊できる部屋から、人気の露天風呂付き客室まで用意され、幅広い客層に支持されている。

そして、なんといってもこの宿の素晴らしいところは、伊香保の源泉でもある「黄金(こがね)の湯」が、100%かけ流しで体感できる点だ。

女性用の「黄金の湯」露天風呂~あの「じゃらん」の猫(にゃらん)のCMに登場したお風呂がココです。
女性用の「黄金の湯」かけ流しの露天風呂 ~ あの「じゃらん」の猫(にゃらん)のCMに登場したお風呂がココです。

この宿は「小間口権利者組合」に入っている。

「小間口権利者」(源泉所有者)とは、源泉が通る本管から分湯される湯口を意味する「小間口」を所有し、各々定められた量の源泉を使用する権利を持つ者の事を言い、現在、旅館では9軒の所有者が、何百年もの歴史を刻む茶褐色の「黄金の湯」を守るべく、厳しい適正使用を定め、組合を形成しているのだ。

その9軒の旅館の中でも、宿泊客一人当たりの源泉量が一番多いと言われているのが、ここ「千明仁泉亭」なのである。

しかし、現在、伊香保温泉には50軒前後の温泉旅館があるが、「黄金の湯」を使用しているのは、そのうち約半分と言われている。9軒の権利者(大家)の中から、分湯しているのだろう。

ちなみに、「千明仁泉亭」は、どこの旅館にも分湯はしていない。だからここの温泉は、どこよりも“濃い”と、常連客は語ってくれた。

千明仁泉亭/群馬・伊香保温泉