準備という名の”修行”

私は、旅が好きだ。
仕事にもしているぐらいだから、間違いなく好きだと思う。
しかし、私の場合、それも、ある大きな段取りが必要となってくる。
旅の「準備」というやつだ。

荷造りも含めて、その「準備」というのが、私の最大の苦手事項。
私にとっては、苦行そのものなのだ。

仕事の時はもちろん、PC類から、多岐に渡る撮影機材を大量にクルマに積むので、大きな4WDのワゴンは荷物でいっぱいになる。
やりかけの原稿や、企画書の類いもいっぱいある(これが一番の悩み)。
1~2週間、東京を空けるという事は、それまでにしなければいけないタスクを済ましておかなければいけない。

問題は、プライベートの時でも、同じような大量の荷物になってしまう事だ。
要するに、どうせ旅に行くのだから、撮影機材を持っていこう(仕事に利用できるし)・・・と思ってしまう。
プライベート旅行で、思い切って、身軽で出かけてみると、そういう時にこそ、二度と見られない絶景に出くわしたりする。
そんな時、あのカメラとレンズを持って来れば・・・とか、ドローンを持っていけばよかった・・・とか、大いに後悔する事しばしば。
さらには、終わらない仕事も、時間を見つけてやらねば・・・とか。
だからこそ、あらゆる事を想定して、大荷物になってしまうのだ。

そして、その準備に、旅の前日は必ずと言っていいほど、徹夜になる。
まさに、苦行・・・いや、“修業”そのもののような感もある。
あれを持って来れば良かった・・・という後悔が、一番嫌なのかもしれない。

だからこそ、旅の準備という名の“修業”を、繰り返す。
その“修業”を上手く乗り越えての旅行は、間違いなく楽しくなる。

そんな“修業”があっても、旅が好き。
ずっと、同じ場所では暮らせない。
どんなに体力的に疲れていても、旅に出れば、テンションが上がるのか、アドレナリンが出るのか分からないが、東京にいる時と違う自分がいる。
まず、人に会い、話す機会が、東京にいる時より、圧倒的に多い(それも、そうだ・・・東京にいる時は、篭って編集作業したり、何か書いたりしてるし)。

でも、この人生のルーティンワークのようなものが、今の自分には合っているような気がする。
旅は、移動するせいか、刺激的であり、何かインスピレーションを誘発させてくれる。
人間は、シチュエーションが変われば、何か、新しい発見が生まれる。
場面が変わらない映画はつまらないしね。
スマホばっかり見たり、テレビの旅番組見て、行った気分になるのは寂しすぎる。

しかし、着替えなど、身のまわりの用意をするのが、一番の苦手。
要するに、荷造りが苦手。
だから、荷物も多い。
よって、私は、国内に限っては、沖縄以外は、すべてクルマによる旅行になるのである。

時間は人生の宝物

私も齢50を過ぎて、“時間”というものが非常にありがたいものと、より一層思うようになった。
20代の若い頃は、そんな考えは持っていなかったと思う。
人生の後半戦に入って、私だけでなく、誰もが思う考えかもしれない。

私が、よく利用する温泉旅館やホテルで過ごす“時間”を振り返ってみる。
仕事や日常を過ごしている“時間”と違い、そこには同じ“時間”でも、中身が全く違う。
まさに別物。

“時間”に追われる事もなく、自分のペースで、ゆったりと心身ともにリラックスできる“時間”がそこにはある。
その“時間”は、時には、宝石のような「思い出」となって記憶に残っていく。
初めて両親を温泉旅館に招待した時。
初めて異性と宿泊した時。
初めて子供という新しい家族を連れて旅行した時。
・・・それぞれが、まさに「人生の宝物」のように、記憶に残っている。

思えば、宿に泊まる時には、その宿泊料金を払う事になるのだが、考えた方を変えれば、それは素晴らしい“時間”に対して対価を支払うようなもの。
宿泊料金というより、かけがえのない“時間”に対しての料金だと、私は最近思っている。

気がつけば、季節はもう夏本番。
それぞれの人たちが、この夏の“時間”を楽しむのだろう。
是非、素晴らしい“時間”にめぐりあってほしい。
もちろん、私も、そうするつもりだ。

人との出会いは“刺激”

最近、私は忙しい。

首のヘルニアになる以前の、3年前と同じように、全国を飛び回っている。

カメラ、パソコン、プロジェクターなど機材を積んでいるので、相変わらず、クルマで移動。

先々週は九州、先週は東北・・・と、とにかく動き回っている。

 

今回は、取材というよりも、宿の経営者に会うのが主目的。

でも、久々にお会いする社長さんや女将さんの笑顔が、少し戻ってきたように感じる。

少しずつ、景気もあがっているということか。

 

でも、数年ぶりにお会いすると、懐かしさと同時に、刺激もいただける。

やはり、電話やメールでは伝わらない、本質みたいなものが聴こえてくる。

何千kmも走ったかいがあるというものだ。

 

夕食もごいっしょにする事が多い。

やはり、日本は食材が豊富だ。

地元自慢の料理は、ただただ美味しい。

さらに会話も弾む。

たまには、お酒が入って、飲みすぎて、本音以上の言葉も聞こえてくることもあるが(苦笑)。

 

私にとって、人と出会い、会話をすることは、アイディアを考える大いなるヒントを見つける事が多い。

やはり、人は行動しなければ、動かなければ、何も生まれない。

 

旅もいっしょだ。

旅は日常から少しはずれて時を刻むことが、楽しさの根源だと思う。

スケジュールをびっしり決めて旅をするのもいいが、行き当たりばったりの旅も面白い。

私も若い頃は、そればっかりだった(笑)。

 

もうすぐ夏本番。

刺激を求めるなら、癒しを求めるなら、やはり旅が一番。

しかし、そんな私の一番の苦手が「荷造り」。

あれも、これも持っていこうと考えると、いつも前日は徹夜になってしまう。

 

そんなクセは今でも直らず、出張前は悪戦苦闘の時間となる(涙)。

さて、明後日からまた旅に出る。