温泉は源泉かけ流しが一番か?

このテーマは、温泉評論家、ライターさんなど、温泉に関わる仕事をしている人たちによって、微妙に考え方が違ってくる。

源泉かけ流しでなければ、温泉ではない・・・と主張する人もいれば、湯温が高温だったり、湯量が少なかったり、または大人数の人たちが利用する湯舟であれば、塩素消毒付きの循環ろ過も必要だとする人もいる。

 

ちなみに、源泉かけ流しとは、一般的に解説すれば、湯舟に温泉が注がれ、湯舟から温泉が溢れ出る、いわゆるオーバーフローする温泉の事。

常に新鮮な温泉が注がれているという状況。

例外として、オーバーフローしなくても、サイフォン方式というか、湯舟からパイプを横に出して、そこから湯を出す方式の湯舟もある。

 

そもそも、温泉は源泉100%だからこそ温泉であり、それ以外は認めないという考えは、恐ろしい事に日本国内ではおよそ90%以上の温泉(施設)というものが無くなってしまう。

源泉かけ流し至上主義と言われる人たちは、一般の人たちと比べて、温泉地に近かったり、そこまで行く時間とお金がある人たちが多い。

車中泊をしてまでも、温泉に行く人が、この源泉かけ流し至上主義の人が多い気がする。

 

では、源泉かけ流しは、衛生的か?と言われれば、疑問と言わざるを得ない。

利用者それぞれが、入浴前に、かけ湯はもちろん、石けんでカラダを洗ってから入るという前提が必要だからだ。

短時間で湯舟が新鮮な温泉に入れ替わるような、湯量豊富のドバドバかけ流しばかりが、源泉かけ流し風呂ではない。

湯量チョロチョロの、源泉かけ流し湯舟も多く存在するのが実情。

 

私なりの結論を言えば、療養・治療目的であれば、源泉100%かけ流しの温泉を探し、観光目的であれば、景色やロケーション中心で(源泉100%にこだわらず)温泉を探せばいいだけの話。

1日2日では、源泉100%かけ流しの効力は高が知れている。

いわゆる湯治は、ある程度の日数が必要になってくる。

1泊2日のストレス解消目的旅行であれば、なにも源泉100%にこだわる必要はないわけで。

料理目的に温泉地に行く人も多いはずだし。

 

だからこそ、温泉施設には、誰にでもわかる温泉(源泉)の利用状況をホームページ上で開示して欲しい。

温泉の事があまり詳しく表記していない宿に、電話で質問すると、スタッフから「あんた何が目的?」とか凄まれることもあった。

ただ、こっちは単に温泉のことを知りたいだけなのに・・・。

ホームページ上で、温泉の事を詳しく表記しなければならないという法律がないから、こうなっているのか?

そういえば、販売料金を表示しないガソリンスタンドに似ているなあ。

鳴子温泉郷は9種類の泉質?

JR東日本のCM。

「大人の休日倶楽部」鳴子編にて、吉永小百合さんが、「日本にある11種のうち、9種の泉質が揃うという鳴子温泉郷」・・・とナレーション。

 

ん?

たしか、以前、私の取材した記憶だと、ひとつ少ない8種類のはず!

 

鳴子温泉旅館組合のホームページをチェックしてみた。

すると、こう書いてあった。

※( )内は、新泉質名。

①    単純温泉(単純温泉)

②    重炭酸土類泉(炭酸水素塩泉)

③    重曹泉(炭酸水素塩泉)

④    食塩泉(塩化物泉)

⑤    芒硝泉・石膏泉(硫酸塩泉)

⑥    明礬泉(硫酸塩泉)

⑦    緑礬泉(鉄泉)

⑧    硫黄泉・硫化水素泉(硫黄泉)

⑨    酸性泉(酸性泉)

 

なるほど。

CMでは、「旧泉質名」で、9種類と言っているわけだ。

 

実際、現在では、掲示用泉質名(新泉質名)と呼ばれるものが一般的であるが、それは下記の通り、11種類に分けられている。

①    単純温泉

②    二酸化炭素泉(単純炭酸泉)

③    炭酸水素塩泉

④    塩化物泉

⑤    硫酸塩泉

⑥    含鉄泉(緑礬泉など)

⑦    含アルミニウム泉(含明礬・緑礬泉など)

⑧    含銅-鉄泉(含銅・酸性緑礬泉など)

⑨    硫黄泉

⑩    酸性泉

⑪    放射能泉

 

この分類でいけば、鳴子温泉郷の泉質は、②二酸化炭素泉、⑧含銅-鉄泉、⑨放射能泉・・・の3つが不足している。

つまり、新泉質名で言えば、鳴子温泉郷は、9種類ではなく、8種類が正解というわけ。

 

しかし、未だに、旧泉質名を併用して掲示している温泉地が多いのも事実。

それよりも、「温泉のデパート」という別称があるぐらい、泉質はもちろん、湯量が豊富な鳴子温泉郷。

9種類だろうが、8種類だろうが、鳴子温泉郷は、日本の温泉地では横綱クラスのランクである事は間違いない。

 

もともと11種類に大別したのも、人間が分かりやすく理解するためのもの。

成分が基準値まで届かず、泉質名の付かない温泉も存在するし・・・。

実際は、温泉地、いや、源泉井戸ごとに、泉質は違っている。

さまざまな成分が入り混じっているから、源泉ごとに泉質は微妙に違っているというわけだ。

国内には、およそ27,000本の源泉があると言われている。

厳密に言えば、すべて違う泉質という事なのだろう。

 

もうひとつの「温泉」の定義

先に、温泉源から採取される温度(25℃以上)の条件と、19の物質のひとつでも入っていれば・・・という条件のいずれかがクリアされれば「温泉」であると述べた。「温泉法」という法律によるものである。

しかし、「温泉」と似た様な単語の「鉱泉」とは、何なのだろうか?
現在、環境省のHPに掲載されている「鉱泉分析法指針」を見ると、細部に渡って分類しているが分かる。
そこには、「鉱泉」の定義として、「地中から湧出する温水および鉱水の泉水で、多量の固形物質、またはガス状物質、もしくは特殊な物質を含むか、あるいは泉温が、源泉周囲の年間平均気温より常に著しく高いもの」と謳っている。

これだけ見れば、温泉=鉱泉となる。
しかし、「鉱泉」は、泉温によって分類している。
25℃未満の場合は、冷鉱泉。
25℃以上34℃未満は、低温泉。
34℃以上42℃未満は、温泉。
42℃以上は、高温泉となる。
「温泉法」でいう「温泉」の定義は25℃以上。
しかし、「鉱泉分析法指針」によると、34℃以上42℃未満となるから、いささかややこしくなる。

また、液性の分類というのもある。
pH(ペーハー)3未満は、酸性。
pH3以上6未満は、弱酸性。
pH6以上7.5未満は、中性。
pH7.5以上8.5未満は、弱アルカリ性。
pH8.5以上は、アルカリ性となる。

「鉱泉分析法指針」によれば、その「温泉」の中でも、もうひとつ上のグレードとも言える「療養泉」という定義が存在する。
源泉から摂取される時の温度が、25℃以上。
そして下記の物質のうち、ひとつでもクリアしていれば「療養泉」となるのだ。
溶存物質(ガス性のものを除く)・・・・・・・・総量1,000mg以上
遊離二酸化炭素・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,000mg以上
銅イオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1mg以上
総鉄イオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20mg以上
アルミニウムイオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・100mg以上
水素イオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1mg以上
総硫黄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2mg以上
ラドン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30(100億分の1キュリー単位)以上

そしてこの「療養泉」のみ、泉質名が付けられる。
物質条件は8項目あるが、これがいわゆる泉質名を決める根拠となるのだ。

また視点を変えると、「療養泉」に成りえなかった「温泉」も存在することになる。
つまり、「泉質名を持たない温泉」もあるということなのだ。
その場合、泉質名を「その他の温泉」「温泉法上の温泉」と表記するところもあるようだ。

このように、「温泉法」と、環境省による「鉱泉分析法指針」という、2つの”法則”があるため、非常に分かりにくいところがあるのは否めない。
また、「温泉法」は、非常に”ユルイ”規定となったため、ほとんど真水と変わらない「温泉」が、数多く日本に登場することになった。
日本全国、どこでも旅行と言えば「温泉」を求める日本人という国民性が、この法律を誕生させたのだと、容易に想像できるのだ。