一生懸命と裏の顔

私は、何事もひたむきで、努力を惜しまない人が好きだ。

向上心というか、いつでも、精進を心掛けている人を尊敬する。

実際、そのような人と会うと、お話ししていても心地いいし、自分も浄化されていくというか、爽やかな気分になれる。

 

温泉宿も同じ。

色々細かい点を見れば、修正すべきところも見つかるかもしれないが、それ以上に一生懸命さが伝わる宿は、宿泊客にとって何事にも代えがたいありがたさを感じることができる。

愚直なまでに、こだわりを持ち、見せかけだけのアピールをしない、その潔さは、感動すら覚える。

 

しかし、残念ながら、そんな宿ばかりではない。

お客様のクチコミも評判がいいし、施設も、お客目線で使い勝手がいいように工夫されている。

でも、一般の人が気付かない裏の顔を持つ宿もある。

 

一番多いのが、いわゆる温泉偽装。

これは、古くからある温泉地によくある話。

源泉かけ流しと謳っていながら、実際は源泉量が少なく、循環を行っているところ。

 

そして、いわゆる業者いじめをする宿の経営者。

何かと、ミスや細かい点を見つけては、法外な値引きを迫ったり、取引停止を匂わしたり。

私の知っているフリーランスのWebデザイナーは、そんな宿にいつも翻弄されて、私に相談してきたことがあった。

聞けば、取引先の相手は誰でも知っている有名な温泉宿でクチコミもいい。

しかし、裏では、血も涙もない取引を迫ることがあるという。

そんな宿とは、付き合わなければいいじゃない?・・・と一般の人は思うだろうが、個人で、フリーで生業を営んでいるクリエイターにとっては、それは収入減を意味する。

営業力がない人にとっては死活問題なのだ。

 

私は、幸運にもあまりそういう宿とは、お付き合いは少なかったが、長く業界にいると、たまに裏の顔を持つ宿というか経営者に会うことがある。

しかし、私は、自分の性格上(笑)、決して屈しない。

「この業界で食えないようにしてやる」「いろんな宿に言いふらしてやる」などと、直接的な表現はしないにしろ、そのような事を匂わせる場合がある。

 

そのような宿の経営者は、フリーランスのカメラマンが撮った画像を無断使用したりする。

詐欺行為や著作権法違反などを平気で行う。

さらには、契約したホームページ制作費などの大幅値引きや、支払い遅延をしたりする。

業者が、自分に刃向かわないと、高をくくっているからである。

 

今はSNSの時代。世間に訴えればいい。

そして、法律違反を行っている宿は、怖がらずに告発すべきである。

様々なリスクを負って、貴重な時間と労力をかけて、そしてお金をかけて作ったものは、契約通りのお金をいただくべきなのだ。

クリエイティビティを理解しない宿とは、おさらばすればいい。

 

ひと昔前の話。

志しのある宿は、画家、小説家、書家、陶芸家などの若手のクリエイターに仕事を与え、育ててきた歴史がある。

それが今はデジタルの時代になり、業界も変わったが、そんな現代のクリエイターを大事に育てようとの風潮が少ないのが気になるところ。

私は、クリエイター側の人間だが、微力ながら、有能なクリエイターをサポートし、より健全な業界になるように、努力していこうと思っている。

そう、一生懸命に。

一期一湯 移動はつらいが役に立つ

また、あっという間の大みそか。
時が過ぎるのは、ホントに早い。
振り返れば、ある程度目標を立てていた事の、半分もやれていないかもしれない。

そして、年末年始は冬だから当たり前のように寒い。
こんな時は、やっぱり温泉に浸かるのがいい。
氷のように冷えきった足先などが、湯温でほぐれるような感覚がたまらない。
年明け早々、雪景色の空撮も予定しているので、夜の温泉浴が楽しみだ。

インバウンド対策の一環だが、そのドローン空撮も含めて、最近、温泉旅館のプロモーション動画を作る機会が増えてきた。
私の場合、撮影も自分でするので、編集があがって、お宿さんにそれを届けて、社長さんや女将さんの反応を見るのが何よりの楽しみ。いや、スリルか?(笑)
万が一、気に入っていただけなければどうしよう・・・とか、考えることもあるが。
しかしながら、大体がいい感想をいただけるので、やはり、時間が許せば直接お伺いするようにしている。
喜んでいただけた時が、自分にとって一番の至福の時であり、次へのエネルギーとなるから。
とはいっても、北海道から九州まで、お宿さんは全国にあるので、移動費も相当かかるのは確か。
それでも、クライアントさんの笑顔を見たくて、出向くのである。
もちろん、機材があるので、どんなに遠くてもクルマ移動だが・・・。

急ぐ場合、時間がない場合は、メールで送ることもあるが、やはりそれはさみしい。
自分なりに相当な時間と労力をかけて作ったものだからこそ、直にお見せしたいのだ。
大げさかもしれないが、自分の子どものようなものかもしれない。

来年は、もっといい年になりますように・・・。

自分にあった生き方

私は、人間、歳を重ねると、どんどん人生の過ごし方、社会の処世術を学んで、ゆったりとした生活ができると思っていた。
しかし、齢54になって、ここ最近思うのが、ゆったりどころか、年々、毎日の仕事に追われているような気がする。
何かの書類に、職業という欄を見つけた時、以前は、会社経営と書いていたが、ふと考えると、経営という経営は、自分がしてきたか・・・と自問自答してしまう。
自分は、経営というよりも、自分で興味があるものを、自ら率先して入り込み、それをビジネスに昇華させて、会社の業務のラインナップとして少しずつ増やしてきた。

そのツケがまわってきたのか、分からないが、何かひとつ大きな仕事を終えても、次から次へと仕事が待っている。
でも、私は、喜ばしいことに、そんなハードワークの日々でも、大病をして、病院のお世話になったことは、ほとんどない。
最近でも、東日本大震災の時にストレスから首を痛め、それが要因で、体重が大幅に増えたことぐらいで、なんとか仕事をこなしている。
ところが、私の周りの同年代、もしくは下の世代の方でも、体調を崩したり、入院したりする人が数多く聞くようになった。
みなさん、共通しているのは、仕事に真面目で、忙しい方ばかり。
何事も、仕事を優先しているから、自分の体調は二の次になってしまうのか・・・。

私の場合、よく考えてみれば、ここ数年で大きくライフスタイルを変えたことに気が付いた。
自分の「オフィス」に行かなくなったことだ。
常識ならば、社長たる者、会社に毎日顔を出し、社員に叱咤激励しながら、陣頭指揮をとるのだろう。
それを・・・やめた。
スタッフを信じて、会社に行くのをやめた。
すると、前述のように、次から次へと、新しいアイディアが浮かび、結果、業務が拡がってきた。
通勤の時間を、考える時間に変え、さらにクリエイティブな作業に充てることができた。

やっぱり、歳を重ねると、こんな私でも、自分なりの処世術を結果的に作り上げられたのかもしれない。
今のところの自分の結論としては、常識にとらわれない、基本はストレスをためない・・・という事なんだろうか。
自分に合った生き方をしていれば、病気になる確率は少なくなると思う。
健康は、何よりも大事な財産ですね。