日本人と外国人のギャップ

テレビ番組、特に情報番組やバラエティ番組で、日本の素晴らしさを外国旅行客や日本に暮している外国人に語らせ、結果、ニッポン礼賛をする傾向の番組作りが目立ってきた。

日本人のプライドを擽るようなその制作手法は、一般視聴者には受け入れられているからだろうか、どんどんそのような番組が増えているような気がする。

 

一方、外国人は、住んでいる環境が違うから、日本に来たら驚くものばかり・・・というのは、よく分かる。

私も、数は少ないが、海外に行くと、その生活環境や習慣に驚くことも多いからだ。

 

日本の伝統文化をそのまま伝える事ができる温泉旅館は、ある意味、外国人観光客にとって、コンパクトにパッケージされた実体験メディアのようでもある。

ところが、HotelとRyokanの区別のつかない初心者インバウンドは、夕食の時間までに宿に到着しないことが多いという。

夕食は18時と決められていても、18時過ぎでもOKと思い、平気で20時にチェックインして、いつでも夕食が食べられると勘違いしている客が多いと、複数の旅館経営者から聞いた。

 

Ryokanは、Hotelとは違い、1泊2食付きが基本であるという事。

しかも、夕食朝食とも時間が決められているという堅苦しさが、ニッポンに慣れていない外国人旅行客には不満を感じるかもしれないが、それも慣れると、美しいニッポン滞在の思い出となる。

海外の「習慣」にちょっとでも触れると、旅気分を味わえるからだ。

 

さらに、宿泊料金も、Hotelの部屋単位の予約に慣れている外国人には、Ryokanの料金スタイルに複雑さを感じる事もあると聞く。

つまり、Ryokanの料金システムは、和室の場合、1部屋2~6名様を定員とし、「一泊二食(夕食+朝食)付き、一人あたり」に基づいて計算されていて、一部屋に人数が多く泊まれば、その分一人あたりの宿泊料金が安くなるという事。

これらが、きちんと説明されているRyokanのホームページは、当然のことながら、外国人旅行客の予約も増えてくるだろう。

 

これらの事は一例だが、日本側の宿泊施設にとって、他にもインバウンド対策に用意すべき事はたくさんある。

それは、やはり日本人だけでは無理だろう。

外国人目線が絶対に必要になってくるからだ。

「日本の常識は世界の非常識」というフレーズが流行ったように、数々の日本人と外国人のギャップに目をつけ、それに対応するように心がけなければならない。

 

いま日本は夏という季節を迎えようとしている。

暑い夏には、アイスコーヒーが美味しいと感じる日本人は多いだろう。

しかし、そのアイスコーヒーが、日本が発祥だという事実を知っている人はどれだけいるだろうか?

やはり、ギャップは面白い。

有名観光地を持たない温泉宿の未来

相変わらず、京都を代表とする有名観光地のインバウンドの吸引力は凄い。

ニッポンに初めて来る外国人旅行客にとっては、やはり定番どころの有名観光地をおさえたいのは、心情的によく分かる。

問題は、二度目以降の訪日旅行の場合。

次は、もう少しディープなニッポンを見たい、もっと田舎のリアルな生活風景を体感したい・・・と思ってくれたら・・・・・それは喜ばしいことである。

そこに、有名観光地を持たない温泉宿の未来があるからだ。

 

温泉は、日本人の国内旅行におけるド定番。

何かの記念日とか、ちょっとした休暇とかに温泉旅行は欠かせない。

年齢を重ねた人たちには、カラダのメンテナンスのための湯治という文化もある。

まさに、ニッポンのディープで、リアルな生活風景がそこに存在する。

 

業界でインバウンドのコンサルタントと名乗る人たちは、どちらかというと、メジャーなものの見方が大半だ。

業界誌や経済誌を読んでも、そういった無難な表現をする書き手が重宝される。

しかし、現実には、そういった記事や評論は、結果的に成功した事例を伝えているだけに過ぎない。

 

では、有名観光地が近くにない地域の温泉宿は、どうすれば生き残れるか・・・というテーマは、どちらかと言えば、マイナー的なマーケティングが必須で、例えれば、細かな処方箋が必要なのだ。

つまり、ホームページひとつとっても、大ざっぱな、どこの宿でも紹介しているやり方では、どこからも注目されず、埋没していく運命になることだ。

 

有名観光地を持っている宿の社長が、私に販促の相談をして、その答えとして、新しい提案をすると、このような返事が返ってくることが多い。

「それ、他のどこかでやっているの?」(他で成功例があるなら、やってみてもいいという意味)

 

有名観光地を持たないのに、繁盛している宿の社長は、大体がこう答える。

「それ、他のどこかでやっているの?」(他でやっていないなら、やってみてもいいという意味)

 

言い方は、同じでも、その意味は正反対なのは面白い。

つまり、有名観光地を持たない宿は、マイナーでもいいから、個性を前面に押し出し、キャラを立たせないと目立たないという事なのだ。

あまり集団から目立ちたくない、変わり者と呼ばれたくない日本人の性質からは難しいところだが、やはり商売、ビジネスともなると、目立たなくては、未来はないという事。

 

私は、幸運にも、そういったお宿さんとのお付き合いがほとんどだから、仕事が楽しい部分があるのは確か。

「変わり者」と呼ばれるのは、私にとって、最高の褒め言葉なのだ。

中国からの団体訪日客のお手本はJTB?

最近、日本でいわゆる“爆買い”をした中国人家族に会うことができた。
もちろん、日本製品をこよなく支持する人たちだ。
上海に住むその家族は、上海~福岡を結ぶ、定員約5000人収容の超大型クルーズ船を利用して、日本旅行を楽しんだ。
その家族が日本で買った主なものをあげると次の通り。
・炊飯器
・シャワー付きトイレ
・化粧品
・サプリメント
・フェイスマスク
・目薬
・お菓子
まず、炊飯器は15万円前後の高級なもの。
彼らが言うことには「安いものは信じられない」「高いものはいい」という事らしい。
そして、シャワー付きトイレ。
TOTOなどのトップシェアのものでなく、パナソニック製のものであった。
理由を聞くと、上海での工事業者による設置無料サービスが付いているらしい。
化粧品は、相変わらず資生堂が強い。
サプリメントは、納豆の成分をタブレット状にしたものが最近人気とのこと。
日本人の長生きの秘訣は、納豆にあるらしいと噂が立ち、ただ、納豆は食べられない中国人は多く、それならば納豆のサプリメントということのようだ。
500㏄ぐらいの大きさに入ったサプリメントの値段は、なんと4万円近くしたという。
(日本人から見るとまず1万円前後にしか見えない)
友人や会社の同僚のお土産に人気なのは、目薬やフェイスマスク。
なんといっても、おみやげを運ぶことを考えれば、かさばらなくて、重宝するらしい。
お菓子は抹茶系が大人気だ。

ただ、九州のお土産品としてみせてもらった商品は、私たち日本人が見たことのないパッケージのものばかり。
あ!・・・とここで、私は確信した。
数十年前、私が初めてハワイに行ったときのことを思い出した。
現地到着後、市内観光という名目でバスに乗せられ、頼んでもいないのに、ギフトショップやサプリメントショップに連れていかれた事を。
ハワイ初心者の観光客は、ここぞとばかり、チョコレートや、サプリメント、民芸品などを買ってしまう。
しかしそれは、ほとんどが地元の人は買わないし、見たこともないパッケージの商品で、まさに観光客向けの開発された商品ばかりなのである。
これぞ、JTB方式!・・・と後日、儲けのからくりとして、勉強させてもらった。

同じことが、中国人の訪日客の間で起きている。
ツアー会社は、中国人訪日客が日本に到着するなり、貸切バスに乗せ、関係する店舗へ連れて行くのだ。
その店舗も中国系の会社が経営している場合が多いと聞いた。
ということは、中国からの訪日客がたくさんきて、日本の企業や店舗がその恩恵を被るのではなく、同じ中国系の企業や店舗が潤っているのだ。
(さすが中国!)

しかし、問題はそのあとの展開。
訪日リピーター客が増えれば増えるほど、今度は個人旅行が増えるはず。
そこで今のうちに、宿泊施設は、その準備を怠ってはいけない。
まずは、名前を覚えてもらわなくてはならない。
(つづきは次回)