有名観光地を持たない温泉宿の未来

相変わらず、京都を代表とする有名観光地のインバウンドの吸引力は凄い。

ニッポンに初めて来る外国人旅行客にとっては、やはり定番どころの有名観光地をおさえたいのは、心情的によく分かる。

問題は、二度目以降の訪日旅行の場合。

次は、もう少しディープなニッポンを見たい、もっと田舎のリアルな生活風景を体感したい・・・と思ってくれたら・・・・・それは喜ばしいことである。

そこに、有名観光地を持たない温泉宿の未来があるからだ。

 

温泉は、日本人の国内旅行におけるド定番。

何かの記念日とか、ちょっとした休暇とかに温泉旅行は欠かせない。

年齢を重ねた人たちには、カラダのメンテナンスのための湯治という文化もある。

まさに、ニッポンのディープで、リアルな生活風景がそこに存在する。

 

業界でインバウンドのコンサルタントと名乗る人たちは、どちらかというと、メジャーなものの見方が大半だ。

業界誌や経済誌を読んでも、そういった無難な表現をする書き手が重宝される。

しかし、現実には、そういった記事や評論は、結果的に成功した事例を伝えているだけに過ぎない。

 

では、有名観光地が近くにない地域の温泉宿は、どうすれば生き残れるか・・・というテーマは、どちらかと言えば、マイナー的なマーケティングが必須で、例えれば、細かな処方箋が必要なのだ。

つまり、ホームページひとつとっても、大ざっぱな、どこの宿でも紹介しているやり方では、どこからも注目されず、埋没していく運命になることだ。

 

有名観光地を持っている宿の社長が、私に販促の相談をして、その答えとして、新しい提案をすると、このような返事が返ってくることが多い。

「それ、他のどこかでやっているの?」(他で成功例があるなら、やってみてもいいという意味)

 

有名観光地を持たないのに、繁盛している宿の社長は、大体がこう答える。

「それ、他のどこかでやっているの?」(他でやっていないなら、やってみてもいいという意味)

 

言い方は、同じでも、その意味は正反対なのは面白い。

つまり、有名観光地を持たない宿は、マイナーでもいいから、個性を前面に押し出し、キャラを立たせないと目立たないという事なのだ。

あまり集団から目立ちたくない、変わり者と呼ばれたくない日本人の性質からは難しいところだが、やはり商売、ビジネスともなると、目立たなくては、未来はないという事。

 

私は、幸運にも、そういったお宿さんとのお付き合いがほとんどだから、仕事が楽しい部分があるのは確か。

「変わり者」と呼ばれるのは、私にとって、最高の褒め言葉なのだ。

中国からの団体訪日客のお手本はJTB?

最近、日本でいわゆる“爆買い”をした中国人家族に会うことができた。
もちろん、日本製品をこよなく支持する人たちだ。
上海に住むその家族は、上海~福岡を結ぶ、定員約5000人収容の超大型クルーズ船を利用して、日本旅行を楽しんだ。
その家族が日本で買った主なものをあげると次の通り。
・炊飯器
・シャワー付きトイレ
・化粧品
・サプリメント
・フェイスマスク
・目薬
・お菓子
まず、炊飯器は15万円前後の高級なもの。
彼らが言うことには「安いものは信じられない」「高いものはいい」という事らしい。
そして、シャワー付きトイレ。
TOTOなどのトップシェアのものでなく、パナソニック製のものであった。
理由を聞くと、上海での工事業者による設置無料サービスが付いているらしい。
化粧品は、相変わらず資生堂が強い。
サプリメントは、納豆の成分をタブレット状にしたものが最近人気とのこと。
日本人の長生きの秘訣は、納豆にあるらしいと噂が立ち、ただ、納豆は食べられない中国人は多く、それならば納豆のサプリメントということのようだ。
500㏄ぐらいの大きさに入ったサプリメントの値段は、なんと4万円近くしたという。
(日本人から見るとまず1万円前後にしか見えない)
友人や会社の同僚のお土産に人気なのは、目薬やフェイスマスク。
なんといっても、おみやげを運ぶことを考えれば、かさばらなくて、重宝するらしい。
お菓子は抹茶系が大人気だ。

ただ、九州のお土産品としてみせてもらった商品は、私たち日本人が見たことのないパッケージのものばかり。
あ!・・・とここで、私は確信した。
数十年前、私が初めてハワイに行ったときのことを思い出した。
現地到着後、市内観光という名目でバスに乗せられ、頼んでもいないのに、ギフトショップやサプリメントショップに連れていかれた事を。
ハワイ初心者の観光客は、ここぞとばかり、チョコレートや、サプリメント、民芸品などを買ってしまう。
しかしそれは、ほとんどが地元の人は買わないし、見たこともないパッケージの商品で、まさに観光客向けの開発された商品ばかりなのである。
これぞ、JTB方式!・・・と後日、儲けのからくりとして、勉強させてもらった。

同じことが、中国人の訪日客の間で起きている。
ツアー会社は、中国人訪日客が日本に到着するなり、貸切バスに乗せ、関係する店舗へ連れて行くのだ。
その店舗も中国系の会社が経営している場合が多いと聞いた。
ということは、中国からの訪日客がたくさんきて、日本の企業や店舗がその恩恵を被るのではなく、同じ中国系の企業や店舗が潤っているのだ。
(さすが中国!)

しかし、問題はそのあとの展開。
訪日リピーター客が増えれば増えるほど、今度は個人旅行が増えるはず。
そこで今のうちに、宿泊施設は、その準備を怠ってはいけない。
まずは、名前を覚えてもらわなくてはならない。
(つづきは次回)

スマホを制すれば世界に勝てる

ある調査機関の最新のニュースで、PCとスマホでインターネットにアクセスする比率は、3:7と聞いた。
動画に関しては、なんと80%がスマホで見ているという。
スマホは、まさに、手のひらにあるという利便性が、現代人にとっての必需品以上、パートナー的な役割を持つようになったという事かもしれない。

ビジネスも、スマホを使ってのマーケティングが大流行だ。
インバウンド需要で活気づく国内の観光業界でも、いかに有効利用できるか、各分野で研究、勉強をしている。

そこで登場するのが、いわゆるコンサルタント。
いち早く、情報を収集するアンテナを持つ彼らは、迷える子羊たちを、魅力的に惹きつける。

しかし、注意しなければならないのは、そこで教える内容だ。
まず、基本の、業界の動きを教えてから、あるところの成功例を紹介する。
こうしたらから、こうなった・・・という感じの。

だいたいが、そこで終わり。
自分の会社に置き換えて、応用させるのは、はやり自分自身の実行力、戦略に頼るしかない。
ヒントを与えてもらって、そこでどうやって次の手を打つかは、自分自身の判断しかない。

他のマネをすれば、それは二番煎じ。
上手くいってもそこそこで、天下を取れることはまずないだろう。

だからこそ、自分の会社の魅力、長所をできる限り、客観的にリサーチする必要がある。
これは、自分自身より、他人に教えてもらった時の方が、気づく事が多い。

スマホを制すれば世界に勝てる・・・といったが、スマホというのは一種のゲームのルールであって、自分自身のチーム(会社)が勝てるようになるには、自らの戦力分析をし、オリジナルの戦略を立てるしかないのである。