温泉旅館とインバウンドの相性

2017年も、観光業界のインバウンド景気は好調の様子。

喜ばしい限りだが、東京、京都など人気エリアは、相変わらずの宿泊施設不足で、法的、周辺環境などの問題を抱えながらも、民泊業界も活況を呈している。

そんな中、私が、その宿泊施設のエース格に挙げたいのが、いわゆる「温泉旅館」。

「温泉」(泉源)は、そのほとんどが地方都市、または人口が密集していないエリアに存在する場合が多い。

インバウンドが、定番の人気観光地から、地方に目を向けようとしている段階に来ている事を考えれば、その“地方”に存在する温泉旅館は、まさに切り札的存在に思える。

温泉旅館は、古くからのニッポンの文化、風習、食、そして日本人が愛してやまない温泉を一度に体感できるからだ。

しかし、否定的な意見を持つ方もいるようだ。

温泉旅館は、湯治宿はともかく、長期滞在ではなく、1泊2食スタイルが基本となっていること。

ホテルと違い、夕食は基本ひとつのコースとなっており、しかも時間もある程度決まっている。

せっかく日本に来たのだから、時間を許す限り、周辺を歩き回りたい旅行客にとっては、夕食時間が決まっているのは、堅苦しく思う部分もあるという。

連泊するのが当たり前と思っている客は、なおさらだ。

食材は変わっても、食事のスタイルは変わらない。

ホテルのように、その日の気分でレストランを選べない。

特に、小さなお子さん連れのファミリー客にとっては、つらいところだ。

このような状況を敏感に察している旅館経営者は、「泊食分離」を実践している。

山奥の一軒宿などは別だが、温泉地を形成しているエリアの中で、夕食は宿の近くのお店を紹介するスタイル。

夕食の時間を遅くしたい場合は、居酒屋という選択肢もある。

そのような情報を、自社Webで案内するところが徐々に増えている。

そうする事により、連泊を促すこともできよう。

これは日本人にも有効なような気もする。

地方ならではの珍しい美味しいものを見つける事は、旅行のひとつの醍醐味であるからだ。

レコード盤的・やど批評 第2回「おたる宏楽園」(北海道)2017年7月訪問

【A面】(基本情報・設備など)

北海道・小樽と言えば、ノスタルジックな港町。

歴史を刻む運河は、この街のシンボルでもある。

北の大地にありながら、特に女性の方たちには、スイーツが美味しいスポットとして認知されているに違いない。

小樽市街からクルマで数分の距離に朝里川温泉というエリアがあるが、その中でも広大な日本庭園が自慢の温泉旅館が「おたる宏楽園」。

玄関に入ると、そこで靴を脱いで、スリッパを履かずそのまま歩く。

ロビーも廊下も、ほとんどが畳敷きなのだ。

これが気持ちいい。

我が家に帰ってきたような感覚にもなる。

露天風呂付きの大浴場も2ヶ所もあった。

専用の露天風呂を備える客室も豊富にある。

さらに湯舟が広い貸切風呂も備える。

料理も評判がいい。

北海道らしい、海の幸、山の幸の新鮮な食材を使い、上品な献立でゲストを悦ばせてくれる。

 

【B面】(コンセプト・その他)

この宿の一番特徴的なのは、客室35室の規模ながら、露天風呂付きの客室が28室もあるという事。

この点でコンセプトがある程度、理解できる。

大人数の旅行より、個人旅行にシフトしているようだ。

露天風呂付きの客室の料金は、一人2万円台半ばからとなるが、その中身というか、滞在の充実感を考えると、リーズナブルな料金体系と言えるだろう。

敷居の高さを感じさせない高級旅館というか、ゆったり感が館内を漂う。

この心地いい雰囲気は、どこから来るのか?

北海道の開放的な空気がそうさせるのか?

それもあるだろうが、この宿は、この規模にして、家庭的な温かさを感じさせてくれるのだ。

それは、米山社長と女将さんご夫妻のお人柄によるものだろうと私は思う。

仲睦まじいご夫婦は、宿がもちろん好きで、従業員を家族のように接し、そしてお客さんが気持ちよく過ごせるように常に心配りを怠らない。

多分、見えないところで色々と準備をしているのだろうな・・・と推測してしまう。

何事も、見えないところでの努力が、結果的に報われる。

そんなことを思い起こさせてくる、気持ちのいい宿だった。

日本人と外国人のギャップ

テレビ番組、特に情報番組やバラエティ番組で、日本の素晴らしさを外国旅行客や日本に暮している外国人に語らせ、結果、ニッポン礼賛をする傾向の番組作りが目立ってきた。

日本人のプライドを擽るようなその制作手法は、一般視聴者には受け入れられているからだろうか、どんどんそのような番組が増えているような気がする。

 

一方、外国人は、住んでいる環境が違うから、日本に来たら驚くものばかり・・・というのは、よく分かる。

私も、数は少ないが、海外に行くと、その生活環境や習慣に驚くことも多いからだ。

 

日本の伝統文化をそのまま伝える事ができる温泉旅館は、ある意味、外国人観光客にとって、コンパクトにパッケージされた実体験メディアのようでもある。

ところが、HotelとRyokanの区別のつかない初心者インバウンドは、夕食の時間までに宿に到着しないことが多いという。

夕食は18時と決められていても、18時過ぎでもOKと思い、平気で20時にチェックインして、いつでも夕食が食べられると勘違いしている客が多いと、複数の旅館経営者から聞いた。

 

Ryokanは、Hotelとは違い、1泊2食付きが基本であるという事。

しかも、夕食朝食とも時間が決められているという堅苦しさが、ニッポンに慣れていない外国人旅行客には不満を感じるかもしれないが、それも慣れると、美しいニッポン滞在の思い出となる。

海外の「習慣」にちょっとでも触れると、旅気分を味わえるからだ。

 

さらに、宿泊料金も、Hotelの部屋単位の予約に慣れている外国人には、Ryokanの料金スタイルに複雑さを感じる事もあると聞く。

つまり、Ryokanの料金システムは、和室の場合、1部屋2~6名様を定員とし、「一泊二食(夕食+朝食)付き、一人あたり」に基づいて計算されていて、一部屋に人数が多く泊まれば、その分一人あたりの宿泊料金が安くなるという事。

これらが、きちんと説明されているRyokanのホームページは、当然のことながら、外国人旅行客の予約も増えてくるだろう。

 

これらの事は一例だが、日本側の宿泊施設にとって、他にもインバウンド対策に用意すべき事はたくさんある。

それは、やはり日本人だけでは無理だろう。

外国人目線が絶対に必要になってくるからだ。

「日本の常識は世界の非常識」というフレーズが流行ったように、数々の日本人と外国人のギャップに目をつけ、それに対応するように心がけなければならない。

 

いま日本は夏という季節を迎えようとしている。

暑い夏には、アイスコーヒーが美味しいと感じる日本人は多いだろう。

しかし、そのアイスコーヒーが、日本が発祥だという事実を知っている人はどれだけいるだろうか?

やはり、ギャップは面白い。