日本人と外国人のギャップ

テレビ番組、特に情報番組やバラエティ番組で、日本の素晴らしさを外国旅行客や日本に暮している外国人に語らせ、結果、ニッポン礼賛をする傾向の番組作りが目立ってきた。

日本人のプライドを擽るようなその制作手法は、一般視聴者には受け入れられているからだろうか、どんどんそのような番組が増えているような気がする。

 

一方、外国人は、住んでいる環境が違うから、日本に来たら驚くものばかり・・・というのは、よく分かる。

私も、数は少ないが、海外に行くと、その生活環境や習慣に驚くことも多いからだ。

 

日本の伝統文化をそのまま伝える事ができる温泉旅館は、ある意味、外国人観光客にとって、コンパクトにパッケージされた実体験メディアのようでもある。

ところが、HotelとRyokanの区別のつかない初心者インバウンドは、夕食の時間までに宿に到着しないことが多いという。

夕食は18時と決められていても、18時過ぎでもOKと思い、平気で20時にチェックインして、いつでも夕食が食べられると勘違いしている客が多いと、複数の旅館経営者から聞いた。

 

Ryokanは、Hotelとは違い、1泊2食付きが基本であるという事。

しかも、夕食朝食とも時間が決められているという堅苦しさが、ニッポンに慣れていない外国人旅行客には不満を感じるかもしれないが、それも慣れると、美しいニッポン滞在の思い出となる。

海外の「習慣」にちょっとでも触れると、旅気分を味わえるからだ。

 

さらに、宿泊料金も、Hotelの部屋単位の予約に慣れている外国人には、Ryokanの料金スタイルに複雑さを感じる事もあると聞く。

つまり、Ryokanの料金システムは、和室の場合、1部屋2~6名様を定員とし、「一泊二食(夕食+朝食)付き、一人あたり」に基づいて計算されていて、一部屋に人数が多く泊まれば、その分一人あたりの宿泊料金が安くなるという事。

これらが、きちんと説明されているRyokanのホームページは、当然のことながら、外国人旅行客の予約も増えてくるだろう。

 

これらの事は一例だが、日本側の宿泊施設にとって、他にもインバウンド対策に用意すべき事はたくさんある。

それは、やはり日本人だけでは無理だろう。

外国人目線が絶対に必要になってくるからだ。

「日本の常識は世界の非常識」というフレーズが流行ったように、数々の日本人と外国人のギャップに目をつけ、それに対応するように心がけなければならない。

 

いま日本は夏という季節を迎えようとしている。

暑い夏には、アイスコーヒーが美味しいと感じる日本人は多いだろう。

しかし、そのアイスコーヒーが、日本が発祥だという事実を知っている人はどれだけいるだろうか?

やはり、ギャップは面白い。

レコード盤的・やど批評 第1回「たてしな藍」(長野県)2017年4月、5月訪問

ちょっと、タイトルを付けてみた。

私は、ネットに関する仕事をしているが、根は、ザ・ビートルズがデビューした1962年生まれの、アナログレコード世代。学生時代は、音楽はCDではなく、アナログ・レコードを聴いていた。

そこで、そのアナログ・レコード盤のように、表と言われる「A面」と裏面と呼ばれた「B面」の2つの面から、宿を語っていこうという事で、この「レコード盤的」というタイトルにした。

 

【A面】(基本情報・設備など)

言わずと知れた、長野県の高級別荘地に佇む、蓼科高原の温泉宿。

クルマでアクセスすれば、中央道・諏訪ICが近い。

風光明媚な諏訪湖から、一気に高原へ上り、標高1000mあたりにこの宿はある。

だから、空気も澄んでいるし、美味しい。

小鳥のさえずりや、風で木々の葉っぱがこすりあう音も心地いい。

男女別大浴場には、露天風呂も当然の如くある。

他に、貸切露天風呂も備え、最近では、豪華な露天風呂付き客室が人気だという。

すべての客室に、藍染めの座布団カバー、手ぬぐい、掛布団カバー、シーツ・・・など、手作りの設えが揃っている。

藍染めも、予約すれば、自ら体験できる事もこの宿の魅力のひとつ。

さて、この宿の一番の楽しみは、やはり料理。

4月に訪れた時は、信州の山菜が、所狭しと膳に並んだ。

まさに「旬」を充分に味わうことができた。

朝食も手を抜かない。

お客は、満足してこの宿を去り、そしてリピーター客として帰ってくる。

素材を活かす、日本料理、懐石料理の王道を行く宿と言えるだろう。

 

【B面】(コンセプト・その他)

宿の周辺は、八ヶ岳連峰をはじめ、南アルプス、遠くには、中央アルプス、北アルプスまで見渡せる、絶景ロケーションの宿でもある。

天気に恵まれれば、富士山も八ヶ岳の右手に眺めることができる。

日本一の高原ドライブコースと呼ばれる「ビーナスライン」も、この宿が入口みたいなものだ。

蓼科高原、女神湖、白樺湖、車山高原、霧ヶ峰、八島ヶ原湿原、美ヶ原高原・・・と、標高2000mを超えるスポットもある。

最近では、ネットやテレビCMなどで話題となった、御射鹿池(みしゃがいけ)、白駒池なども人気だ。

これだけ、周辺にニッポンの自然の見どころが揃っているところも、そうないだろう。

「A面」で、この宿は高級別荘地にあると書いたが、実を言うと、近くの別荘オーナーが、宿泊客ということも珍しくないという。

東京から出てきて、いざ自分の別荘に来たはいいけれど、空気の入れ替えから、掃除など、管理人を置かない場合は、「生活する」準備が大変だという。

そこで、1泊目はこの宿に泊まり、居心地がいいものだから2泊目もこの宿に泊まり、料理も美味しいので3泊してしまい、結果、自分の別荘の掃除をするために、「たてしな藍」に泊まったという客も数多いとの事。

それを知っているスマートな客は、この宿を自分の別荘のように利用する。

それほど、自然で、さりげない接客が、この宿の人気を支えている。

ここは、知る人ぞ知る「大人の宿」なのだ。

たてしな藍 / 長野県・横谷峡

ウラを見せる戦略

最近、旅館・ホテルのホームページ(HP)を色々と見ると、数年前を比べたらホントに(ごく一部を除いて)洗練されているなあと感じる。

写真もきれいだし、デザイン、レイアウトも考えられているのが増えてきた。

それも、ウチの会社のような、専門の会社にHP制作を委託しているから。

 

でも、きれいばっかりだと、ホントの姿が見えないというか、素顔を判別できない厚化粧の女性(すいません)に似たり。

世は、共感を求めるSNS全盛の時代。

絵はきれいじゃなくても、ちょっとした裏側を見せるのもいいかもしれない。

 

例えば、源泉100%かけ流しの宿の場合。

温泉はすべて、人間にとって適温で湧出するものではないという、当たり前の情報を伝える。

適温にするには、気温を考えながら、湯舟に注ぐ源泉の湯量を調整している湯守の姿を動画で公開するのはどうだろう。

循環ろ過式のコンピュータ管理で湯温調節している宿とは違うという差別化をアピールできる。

 

食材にこだわっている宿の場合。

仕入れ先や、提携している生産農家さんとのインタビュー記事を載せるとか。

これだけ苦労して、手間暇かけて作っている食材を使っているというアピールができる。

 

現代はネットの普及により、情報過多とも言われているが、内情は薄っぺらな情報ばかり。

きちんと現地に足を運んで取材しているものなど、本当に少ない。

裏付けのない情報を記事にして、まとめサイトを運営する会社が告発された報道は皆さんご覧になっただろう。

 

ドキュメンタリー番組の如く、提供側の人間味あふれる姿や、取り組み方を一部見せる事は、消費者に共感を呼ぶ。

いくら施設が充実していても、運営している人間が手を抜いていれば、それは先が知れている。

 

“共感”が人を呼ぶ。

それは、昔も今も変わらない。