温泉旅館を海外にPRする方法

全国各地を周っていると、温泉宿の経営者の方から、よく質問されるのが、海外からの旅行客を増やす手段の事。

国内なら、公式のWebサイトはもちろん、有力なOTA(ネット予約サイト)を利用するのが一般化しているが、海外に関しては手探りの状態がほとんどかもしれない。

ただし、東京、京都など都市部のほか、富士山周辺、箱根、有馬温泉、由布院など、インバウンドの恩恵を受けているところは、もはやバブルと言っていいほど活況のようだが、最近ではそれが周辺に分散化の様相を少し見せ始めている。それでも、上記エリアに比べれば、本当にまだまだ少ない。

私は、今まで国内に関しては、公式Webを中心に集客し、OTAはあくまでもサブ扱いで利用するといった「脱・エージェント」を標榜してきた。しかし、インバウンドに関しては、海外の有力なOTAを使わざるを得ないというのが、現在の私の考え。

つまり、海外OTAに登録することにより、世界に名前が知れ渡り、そこから多言語化された公式Webへ誘導する流れが、一番の近道と言えるだろう。もちろん、そこにはやはり多言語化されたSNSプロモーションも必要だろう。

さらに、インバウンドの宿への直接予約に関しては、カード事前決済システムの導入は不可欠で、いまやカードが使えない宿には、インバウンドはほとんど来ないと言ってもいい。小規模な宿でも、カード利用をOKにしないと、お客を逃がしてしまう危険性が出てきたわけだ。年々、カード会社の力が強くなってくるのがひしひしと感じる。

海外OTAは、(海外旅行なので)数か月前に予約で部屋を押さえるので、インバウンドに人気のエリアの国内OTAは売り上げをどんどん落としている。じゃらんnetや、楽天トラベルなどの大手OTAでも、焦りを感じているはずだ。

まさに、激動の幕末に、黒船が来航した時に似たり。尊王攘夷ではなく、海外からの力を利用し、新しい技術を導入し、自らの宿の魅力を強化する・・・といった富国強兵が、この時代の賢い宿の生き残り策と思われる。

こんな温泉宿のWebサイトが懐かしい

いまや、スマホ全盛の時代。

そして、レスポンシブWebデザインの時代。

簡単に言えば、スマホやPCのデバイスのサイズに合わせて、最適に表示させる仕組み。

画像も大きく、きれいになって見やすい。

 

ただ・・・どれも似たりよったり。

良く見せることを前提に作っているのだから、当たり前と言えば、当たり前。

 

だったら、画像は無理でも、文章で差別化を図ったらどうか?

 

例えば、施設のページ。

「伝統ある木造建築は、古き良き時代を連想させ、居心地のいい空間を作っている」・・・とか、書いてあるのが普通なのだが、これを・・・「由緒ある木造建築と言えば聞こえはいいが、内情は単にお金がなくて改装できないだけの話。でも、そのほうが落ち着くと常連さんのご意見。もちろんお掃除には丁寧かつ時間をかけています!それと洗浄機付き便座など、最低限の設備はあるのでご安心を。」とか(笑)。

 

温泉のページは、こんな感じはどうだろう。

「露天風呂には、まれに葉っぱや虫が浮いている場合があります。いくら掃除を頑張ってもそれは難しい問題です。なにしろ当館は、大自然の中にある宿なので。」・・・これ、宿のロケーションの良さを暗にアピールしていますね。

 

料理のページは・・・「厳選された旬の食材を、料理長が丹念に作り上げた渾身の料理」と言いたいところを、「舌で目でも楽しめる献立と評判をいただいておりますが、宿泊料金を考えると、とってもリーズナブルとよくお客様に言われます。」・・・これって、コストパフォーマンスの良さをアピールしていますね。

 

こんな風に、文章に変化を持たせるのも面白いというわけ。

でも、これって15年ほど前ぐらいには、けっこうあったような気がする。

オーナー自らの文章で、宿を宣伝していた時代があった。

画像が小さくて、文章が主役だった頃。

 

現在は、ちょっととがった事をすると、炎上してしまう。

クチコミサイトに悪評を書かれるのも怖い。

窮屈な時代になった。

最新武器を生かす戦略

商いとは、利益をあげる目的で、モノを売り買いする事。

その経済活動によって、人々の生活が成り立っている。

 

現代社会は、その商いも多様化し、種類も、システムもより複雑化している。

旅館やホテルの集客方法も、年ごとに新しい仕掛けが誕生している。

その部分を研究し、自分にあったサービスを探しだすのも、商いのひとつなのだろう。

 

昨年「インスタ映え」という言葉が、流行語となったが、画像のキャッチフレーズみたいなもので、画を見れば、その中身というか、面白さが分かる・・・というものだろう。

だからこそ、宿泊施設のオフィシャルサイトのトップページには、「わかりやすい画」が必要なのだ。

それは、つまり「動画」。

文字よりも、または静止画よりも、多くの情報をサイト閲覧者に伝えられる。

SNSの代表、Facebookも同様だ。

「動画」を投稿すれば、そのまま購買(予約)につながる可能性が高くなるデータは出ている。

 

大手予約サイトである「楽天トラベル」も、今年大幅な刷新が図られると聞いた。

そこにも、「動画」を投稿できるプラットフォームが用意されるという。

 

このように、次々と新しいマーケティングの手法が、生み出されていく。

しかし、そのまま鵜呑みにしてはダメで、しっかりと自分にあった方法を作り上げなくてはいけない。

 

人材、施設、立地、温泉、周辺観光、伝統・・・など、人気宿泊施設の要素は色々あるが、それがひとつでも欠けていれば、それを補う「戦略」が必要となってくる。

つまり、何事も戦略を練るには「情報」が必要で、それを生かす「分析力」が絶対に大事になってくる。

自分の宿を繁盛させる、独自の「処方箋」を自ら作れるかが、生き残れる条件とも言えるだろう。

 

いまの観光業界は、日本の歴史の中の「戦国時代」の末期にも似ている。

「種子島=鉄砲」という最新武器が伝わり、新しい「戦(いくさ)」のやり方を考え出した武将が勝つ時代になったのかもしれない。

1575年の長篠の戦いは、新兵器を上手く自軍に取り入れた織田・徳川連合軍と、先代から無敵を誇った騎馬隊を擁する武田軍の衝突。

誰もが、信長のように、勝者になりたいはず。

歴史は語る。