温泉って素晴らしい

先日、群馬県・伊香保温泉で、弊社主催の「温泉ソムリエセミナー」を開催した。

おかげ様で、多くの受講者にお集まりいただき、大盛況だった。

千明仁泉亭さんという、豊富な源泉を所有する老舗旅館で行えたのも良かった。

 

温泉ソムリエは、ご存知の方も多いだろうが、温泉の素晴らしさを、できる限り温泉の成分やデータを用いて、どのような効能が期待できるかなどを、説明できる人の事をいう。

または、温泉そのものの魅力を多くの人たちに教える伝道師のような役目もする。

 

創設者の遠間和広氏は、もう30年来の知人だが、ここ10年は年に数回仕事をいっしょにするようになった。

私が、ネット関連の販売促進系の広告代理店から、温泉宿情報サイト運営にシフトして、必然的に再会を果たしたわけだが、それはやはり「温泉」があればこそ。

 

よく温泉旅館などの大浴場の脱衣所に掲示してある温泉分析書があるが、数字や記号ばかりで分からない人が多い。それを温泉ソムリエのセミナーを受講すれば、面白いように、その温泉の特徴・魅力が分かってくるというわけだ。

 

日本人は、温泉好きが多い。

ちょっと、旅行に行こうとなると、温泉があるところ・・・と考える人は多いだろう。

好きなものが、よく分かってくると、さらに好きになる。

温泉ソムリエの資格者は、すでに1万4000人を超えた(2018年5月現在)。

これは、数年前に、全国の温泉地でいくつか誕生した、いわゆるローカルの温泉資格の中でも、ダントツの数字を誇る。

「家元」と温泉ソムリエ資格者から呼ばれる、遠間和広氏の人間力にも大いに関係する。

全国で開催されるオフ会を見ても、よく分かる。参加者が、笑顔ばかりなのだ。

 

今回の温泉ソムリエセミナーを開催した時も、何人かの温泉ソムリエが、ボランティアでお手伝いに来てくれた。

嬉しい限りだ。

大学生時代のサークル活動にも似た、一種の一体感のあるイベントのような気がした。

 

世はSNS全盛の時代。

「温泉」をキーワードに、温泉ソムリエたちは、どんどん友人が増えていく。

何処の温泉が良かった、あそこの露天風呂は絶景だった・・・と情報交換も盛んになる。

 

考えてみれば、「温泉」は一生付き合えるもの。

年老いて、カラダがいうこときかなくなっても、温泉はそっと寄り添ってくれるような存在かもしれない。

だからこそ、私の座右の銘は「旅は人生の教師、温泉は一生の伴侶」なのだ。

宿の選び方と、宿の見せ方

この文章を書いている時期は、まさに日本国中がゴールデンウィーク。

一部の人を除いて、国内はもちろん、海外へ大移動をしている時期である。

旅を日常としている私は、こんな時は、ある場所に籠って何もしないと決めている。

そのほうが、ストレスを感じないし、また、日ごろ忙しい中、整理できなかった仕事も片づけられそうだからだ。

 

さて、そのゴールデンウィークのおよそ1か月前になると、宿探しに困っている知人から、私に相談の連絡が来る件数が増えてくる。

予約サイトを見ても、ガイドブックで探しても、ピンとこないという。

ふだん、旅行をしていないと、どこがいいとかのカンが働かないのか・・・。

 

宿選びは、クルマ選びに似たり。

趣味的に欲しいクルマと、現実的に必要なクルマは違う。

自分だけで選ぶならそれほど時間がかからないが、家族がいる人は、それぞれの意見を聞く必要があるので、時間がかかる。

 

宿のホームページを見ると、それぞれの特徴はよく分かる。

料理が美味しそうだとか、温泉がいいとか、景色がいいとか・・・。

でも、ふだん、旅をしない人にとっては、それでも探すのが難しいという。

自分たちが、そこに泊まっての想像がつかないのか、いわば「妄想」っぽいものが働かないのか・・・。

つまり、その場に身を投じて、心地いいか、ゆったりできるか、周辺の観光ができるか・・・などのイメージが湧かないのかもしれない。

 

宿側のホームページは、いつのまにか、Webデザイナーやコンサルタントに制作を任せ、それが美しいサイトを作り上げることはできたかもしれないが、どこも同じようなものばかりで、違いがよく分からなくなってきたのかもしれない。

 

こんな人におススメ・・・のような、コンシェルジュ的な案内も、ホームページに必要なのかも。

分かりやすさを追求するのは難しい。

人それぞれに、宿選びのスキルが違うのだから。

温泉旅館を海外にPRする方法

全国各地を周っていると、温泉宿の経営者の方から、よく質問されるのが、海外からの旅行客を増やす手段の事。

国内なら、公式のWebサイトはもちろん、有力なOTA(ネット予約サイト)を利用するのが一般化しているが、海外に関しては手探りの状態がほとんどかもしれない。

ただし、東京、京都など都市部のほか、富士山周辺、箱根、有馬温泉、由布院など、インバウンドの恩恵を受けているところは、もはやバブルと言っていいほど活況のようだが、最近ではそれが周辺に分散化の様相を少し見せ始めている。それでも、上記エリアに比べれば、本当にまだまだ少ない。

私は、今まで国内に関しては、公式Webを中心に集客し、OTAはあくまでもサブ扱いで利用するといった「脱・エージェント」を標榜してきた。しかし、インバウンドに関しては、海外の有力なOTAを使わざるを得ないというのが、現在の私の考え。

つまり、海外OTAに登録することにより、世界に名前が知れ渡り、そこから多言語化された公式Webへ誘導する流れが、一番の近道と言えるだろう。もちろん、そこにはやはり多言語化されたSNSプロモーションも必要だろう。

さらに、インバウンドの宿への直接予約に関しては、カード事前決済システムの導入は不可欠で、いまやカードが使えない宿には、インバウンドはほとんど来ないと言ってもいい。小規模な宿でも、カード利用をOKにしないと、お客を逃がしてしまう危険性が出てきたわけだ。年々、カード会社の力が強くなってくるのがひしひしと感じる。

海外OTAは、(海外旅行なので)数か月前に予約で部屋を押さえるので、インバウンドに人気のエリアの国内OTAは売り上げをどんどん落としている。じゃらんnetや、楽天トラベルなどの大手OTAでも、焦りを感じているはずだ。

まさに、激動の幕末に、黒船が来航した時に似たり。尊王攘夷ではなく、海外からの力を利用し、新しい技術を導入し、自らの宿の魅力を強化する・・・といった富国強兵が、この時代の賢い宿の生き残り策と思われる。