最新武器を生かす戦略

商いとは、利益をあげる目的で、モノを売り買いする事。

その経済活動によって、人々の生活が成り立っている。

 

現代社会は、その商いも多様化し、種類も、システムもより複雑化している。

旅館やホテルの集客方法も、年ごとに新しい仕掛けが誕生している。

その部分を研究し、自分にあったサービスを探しだすのも、商いのひとつなのだろう。

 

昨年「インスタ映え」という言葉が、流行語となったが、画像のキャッチフレーズみたいなもので、画を見れば、その中身というか、面白さが分かる・・・というものだろう。

だからこそ、宿泊施設のオフィシャルサイトのトップページには、「わかりやすい画」が必要なのだ。

それは、つまり「動画」。

文字よりも、または静止画よりも、多くの情報をサイト閲覧者に伝えられる。

SNSの代表、Facebookも同様だ。

「動画」を投稿すれば、そのまま購買(予約)につながる可能性が高くなるデータは出ている。

 

大手予約サイトである「楽天トラベル」も、今年大幅な刷新が図られると聞いた。

そこにも、「動画」を投稿できるプラットフォームが用意されるという。

 

このように、次々と新しいマーケティングの手法が、生み出されていく。

しかし、そのまま鵜呑みにしてはダメで、しっかりと自分にあった方法を作り上げなくてはいけない。

 

人材、施設、立地、温泉、周辺観光、伝統・・・など、人気宿泊施設の要素は色々あるが、それがひとつでも欠けていれば、それを補う「戦略」が必要となってくる。

つまり、何事も戦略を練るには「情報」が必要で、それを生かす「分析力」が絶対に大事になってくる。

自分の宿を繁盛させる、独自の「処方箋」を自ら作れるかが、生き残れる条件とも言えるだろう。

 

いまの観光業界は、日本の歴史の中の「戦国時代」の末期にも似ている。

「種子島=鉄砲」という最新武器が伝わり、新しい「戦(いくさ)」のやり方を考え出した武将が勝つ時代になったのかもしれない。

1575年の長篠の戦いは、新兵器を上手く自軍に取り入れた織田・徳川連合軍と、先代から無敵を誇った騎馬隊を擁する武田軍の衝突。

誰もが、信長のように、勝者になりたいはず。

歴史は語る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です