レコード盤的・やど批評 第2回「おたる宏楽園」(北海道)2017年7月訪問

【A面】(基本情報・設備など)

北海道・小樽と言えば、ノスタルジックな港町。

歴史を刻む運河は、この街のシンボルでもある。

北の大地にありながら、特に女性の方たちには、スイーツが美味しいスポットとして認知されているに違いない。

小樽市街からクルマで数分の距離に朝里川温泉というエリアがあるが、その中でも広大な日本庭園が自慢の温泉旅館が「おたる宏楽園」。

玄関に入ると、そこで靴を脱いで、スリッパを履かずそのまま歩く。

ロビーも廊下も、ほとんどが畳敷きなのだ。

これが気持ちいい。

我が家に帰ってきたような感覚にもなる。

露天風呂付きの大浴場も2ヶ所もあった。

専用の露天風呂を備える客室も豊富にある。

さらに湯舟が広い貸切風呂も備える。

料理も評判がいい。

北海道らしい、海の幸、山の幸の新鮮な食材を使い、上品な献立でゲストを悦ばせてくれる。

 

【B面】(コンセプト・その他)

この宿の一番特徴的なのは、客室35室の規模ながら、露天風呂付きの客室が28室もあるという事。

この点でコンセプトがある程度、理解できる。

大人数の旅行より、個人旅行にシフトしているようだ。

露天風呂付きの客室の料金は、一人2万円台半ばからとなるが、その中身というか、滞在の充実感を考えると、リーズナブルな料金体系と言えるだろう。

敷居の高さを感じさせない高級旅館というか、ゆったり感が館内を漂う。

この心地いい雰囲気は、どこから来るのか?

北海道の開放的な空気がそうさせるのか?

それもあるだろうが、この宿は、この規模にして、家庭的な温かさを感じさせてくれるのだ。

それは、米山社長と女将さんご夫妻のお人柄によるものだろうと私は思う。

仲睦まじいご夫婦は、宿がもちろん好きで、従業員を家族のように接し、そしてお客さんが気持ちよく過ごせるように常に心配りを怠らない。

多分、見えないところで色々と準備をしているのだろうな・・・と推測してしまう。

何事も、見えないところでの努力が、結果的に報われる。

そんなことを思い起こさせてくる、気持ちのいい宿だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です