インバウンド対策 HP編

ここのところ、訪日外国人旅行客が増えているらしい。

最近の円安の影響もあるかもしれないが、それでも、世界中の人たちが日本に興味を持って旅行しているのだから、嬉しい限りだ。

国別の訪日旅行者数の推移をみると、韓国を除いて、アジア圏がやはり好調だ。

 

そんな中、国内の宿泊施設の今後の課題は、北米・ヨーロッパ圏のさらなる集客だろう。

そこには、伸びしろ、そして大いなる可能性が潜んでいるからだ。

 

集客のツールは、旅行会社から、ネット広告、クチコミサイト、予約サイトなど色々あるが、一番肝心なのはやはり、自社のウェブサイト。

しかし、私の知る限り、そのウェブサイト、公式HP(ホームページ)は、日本版の” 焼き直し” がほとんど。

 

単に、日本語を、英語などの外国語に翻訳しているものばかり。

果たしてそれでいいのだろうか?

 

答えは、NOだ。

 

日本を初めて訪ねる外国人にとって、日本はまさに未知の国。

言葉だけでなく、文化も違えば、環境、習慣も違う。

 

シンプルに言えば、日本人旅行客とは”視点”が違うのだ。

興味のあるポイントというか、知りたい、確認したい個所が、日本人とは圧倒的に違うのだ。

 

大手メーカーが、新商品を開発する際に、それが女子高校生を対象にしたものであれば、事前に女子高校生のモニターにそれを試してもらったりして、本音の部分の意見を収集する。

それで慎重に商品を完成形に近づける。

しかし、それでも、売れないものは売れない。

 

もちろん、ここまでしろとは言わないが、対象となる国を想定しての公式HPのレイアウトデザインは、日本版とは変えるべきだろう。

そこに打開策、対応策を見つけた宿泊施設は、国内同様、海外でも直接予約客が多いのは当たり前。

 

インバウンド対策は、その国の事を想定して考えれば・・・という事。

何でも、相手の気持ちを考えて・・・は、どんな場面でも重要なんですね。