三本の矢

もうすぐ2013年が終わる。

そして2014年が始まる。

いつもなら、今年を振り返ろうとなるのであるが、今回はちょっと違う。

私の個人的な心情を言えば、今年は振り返るのではなく、来年が楽しみで仕方がない。

そんな感情にしてくれたのは、「三本の矢」の存在。

「三本の矢」と言えば、あの戦国時代の雄・毛利元就が語った、1本の矢であれば折りやすいが、3本合わせると折りにくい、つまり力を合わせれば何事にも打ち勝つとの逸話だが、最近ではアベノミクスでも、金融緩和、財政政策、成長戦略の基本方針を「三本の矢」と呼んでいる。

私の「三本の矢」とは、ここでは詳しくは言えないが、簡単に紹介すると、最強の武器を持ち、新規サービスを立ち上げ、錦の御旗を掲げて現行勢力に対抗するというもの。

現実には、どこまでできるか分からないが、精一杯突き進むつもりだ。

私も来年で齢52を数えることになる。

何年生きられるか分からないが、そろそろ本当に勝負がしたくなってきた時期なのかもしれない。

・・・と年の暮れだから、このぐらい言ってもいいかなと(笑)。

でも、目標というか、目の前にそんなものが具体的に出てきたのは嬉しい限り。

人それぞれに、平等に、時間が与えられている。

その貴重な時間をどう使うか、どう楽しむかが、これからの私のテーマでもある。

「人生、楽しまずして何とする」・・・伊達政宗も言っている。