生けるレジェンドを見た

11月18、19、21日の3日間、東京ドームに出向いた。

もうすでに日本シリーズが終わり、プロ野球の全日程もすべて消化した。

巨人ファンの私が通い慣れたドームに、「神」に会いに行ったのだ。

そう、11年ぶりの来日公演になるポール・マッカートニーのアウトゼアジャパンツアーを見るために。

 

3日間とも、ドーム外のオフィシャルグッズ売り場が大賑わい。

常に長蛇の列だった。

11年前より凄い。多分。

若い子から、どうみても60過ぎの初老の男女も多い。

年齢層が幅広い。

ウォッチングしていると、一人当たりグッズだけで平均1万5000円は使っているかも。

まるでお布施の如く。

 

19時過ぎにコンサートは始まった。

いきなり、魂が揺さぶられる。

まずはビートルズナンバーから。

そして続けざまに、ニューアルバムの曲。

再び、ビートルズ、そしてウィングスの曲・・・。

ジョンレノンを書いたHere Todayでウルウル。

ジョージの曲Somethingの時には、カミさんの隣りで号泣してた。

 

私だけではない。

近くのオヤジも泣いていた。

オバサンも叫んでいた。

みんな、青春を、人生を、ビートルズとともに歩んできた人たち。

そのレジェンドを一人で受け持っているのが、ポール・マッカートニー。

彼が生きていて良かった。

20代の若い観客が言っていた。

「ナマ」で観れた。「ホンモノ」に会えた。

 

現代で一番成功した大作曲家、歴史にも必ず名を残すだろうアーティストの生演奏が聴けただけで、この日のドームの観客は酔っていた。

そして、ポールの元気さにもびっくりだ。

今年71歳。

ステージに立っている間、アンコールまでの31曲まで、水を飲んでいる姿を見なかった。

これも、マスコミでも話題になった。

よほど、節制をしているのだろう。

お金も名誉も手に入れたにも関わらず、そのプロ根性、サービス精神に脱帽だ。

自分が観た11年前のステージより、パワーアップした印象だ。

 

実は、私が彼を一番尊敬するのがそこなのだ。

大体の成功したミュージシャンは、印税生活に入り、悠々自適な生活を送る。

しかし、ポールは、世界中の人達がビートルズ、そして自分を待っている。

それに応えなければならない。

そんな使命感も持っているのだろう。

根っから、ライブが好きなんだというのも伝わってくる。

 

ガラッと話は変わるが、過去4回の来日公演のチケット料金(S席)の変動の記録。

1990年3月・・・ 7,000円

1993年11月・・・ 8,000円

2002年11月・・・ 14,000円

そして今回の2013年11月・・・ 16,500円

日本はずっとデフレだったのに、チケット代は、約20年で2倍以上の料金に跳ね上がっている。

さすが、ポール。

 

東京ドーム公演のセットリストは↓

1. Eight Days A Week

2. Save Us

3. All My Loving

4. Listen To What The Man Said

5. Let Me Roll It

6. Paperback Writer

7. My Valentine

8. Nineteen Hundred And Eighty Five

9. The Long And Winding Road

10. Maybe I’m Amazed

11. I’ve Just Seen A Face

12. We Can Work It Out

13. Another Day

14. And I Love Her

15. Blackbird

16. Here Today

17. New

18. Queenie Eye

19. Lady Madonna

20. All Together Now

21. Lovely Rita

22. Everybody Out There

23. Eleanor Rigby

24. Being for the Benefit Of Mr. Kite!

25. Something

26. Ob-La-Di, Ob-La-Da

27. Band On The Run

28. Back In The U.S.S.R.

29. Let It Be

30. Live And Let Die

31. Hey Jude

Encore One

32. Day Tripper

33. Hi Hi Hi

34. Get Back

Encore Two

35. Yesterday

36. Helter Skelter

37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End