観光資源の活かし方

人が旅行する際、多くの場合、ある目的が存在する。

それがあって、人はお金と時間を使って移動する。

ホテル、旅館などの宿泊施設側からすれば、自らの施設のスペックが高く、人気もあるならば問題ないが、やはり周辺の観光資源の人気度によって、集客力が違ってくる。

 

ここでいう観光資源とは、一般的に、自然、温泉、食べ物、名所、史跡、そしてそれを生かしたツアーなどを指す。

私が全国を歩いていると、それがワンパターンの見せ方しかしていないところが多いのは確かだ。

 

冬が近づけば、カニが美味い。

春には新鮮な山菜を食べに来て。

夏は避暑を兼ねて高原へ。

秋は燃えるような紅葉はどうですか。

 

このように、いわゆる分かりやすい、直接的なアプローチがほとんど。

大都市部の駅頭に並ぶ旅行パンフレットはそればっかり。

 

しかし、たまに、思わず行きたくなるアプローチをしてくるパンフレットやホームページを見つける事がある。

それは、私の趣味というか、興味を持っている分野だったから。

 

何を言いたいかと言うと、マーケティングの世界では当たり前となっている、マスのアプローチが旅行の世界でも通用しなくなっているという事。

ニッチでマクロな世界を、効率的に対象ターゲットに伝えられるかにかかっているという事。

 

自然を見せたいのであれば、この時期、この瞬間しか見られないという希少性を訴える。

温泉は肌にいいとばかり言うのではなく、科学的にも、精神衛生的にもストレス解消、未病対策にもいい事を、データとともに解説する。

食べ物は、その地域でどうして生まれたか、ストーリーを紹介し、ここでしか味わえないという飢餓感を訴える。

戦国武将の史跡などがあれば、地元に伝わるエピソードなどを列記し、直に見たいと思わせる仕掛けを考える。

 

つまり、日本には、考えようによっては、観光資源の宝庫なのである。

世界的にみても、これだけ交通インフラが整い、治安がいい安全な国は、なかなかない。

 

例えて言うなら、素人っぽいタレントが、あるプロデューサーにかかると、その手腕で、国民的アイドルに仕立てあげる事ができる時代。

演出力、プロデュース力が、観光業界でも、とても重要だという事。

 

都会の人間は、田舎に遊びに行くのが楽しい。

地方の人間は、都会に遊びに行くのが楽しい。

 

それは、自分にないものを、相手に求めるが如く。

男が女に、女が男に惹かれるが如く。

 

観光資源のプロデュースは、アイディア次第で、可能性も無限大で、これから熱い!

それは確実!