旅と音楽

もう7月。

夏だ。

夏といえば、旅行。

旅行といえば、私の場合、思い出作り。

思い出とは、同行したパートナーの笑顔はもちろん、移動中の出来事、滞在先での美味しい食事、大自然を感じる絶景・・・など色々ある。

しかし、悲しい事に、時を重ねる毎に、細かいエピソードは忘れ去られ、楽しかった記憶も、少しずつ風化していく・・・。

だからこそ、人は写真を撮り、記憶にとどめようとするが、数年たつと、その写真を撮った事は覚えているが、どんな気持ちだったのかまでは、忘れてしまう事もしばしば・・・。

 

しかし、その旅の間に、音楽を同行させると、その思い出が、立体的に脳に格納されるような気がする。

今、iPhoneはじめ、携帯音楽プレーヤーが当たり前の時代。

いくらでも、大量の音楽を持ち運べる時代になったわけだ。

そんな時だからこそ、音楽はいっそう旅のお供におススメなのだ。

 

若いころは、よく音楽を聴いていた・・・という中高年は多いだろう。

最近は、新譜はほとんど買っていないという人も多いかもしれない。

でも、そんな方でも、音楽は旅に持ち歩いてほしい。

 

考えてみてほしい。

今や、映画でもテレビドラマでも、音楽がないものはない。

映画の中で、サウンドトラックが、あらゆるシーンを印象的に演出し、盛り上げている事を思い出してほしい。

 

音楽は、思い出や記憶を思い出させてくれる“スイッチ”の役目もする。

これぞと思った曲を、旅の途中にヘビーローテーションする事により、その旅の時間に音楽が刷り込まれる。

写真を見て、旅を思い出すのもいいが、音楽でその時間を思い出すほうが、何か映画的で、絵画的で、そして感動がよみがえってくるような気もする。

 

私は最近、旅の音楽は、インストゥルメンタル曲が多い。

William Ackerman、George Winstonや Kenny Gとか。

歌詞があると、その旅のシーンに合わない場合があるからだ。

まさに、私の考えは、サウンドトラックの如く(笑)。

そして、小さなヘッドホンや、クルマの移動の方は、車内オーディオでも聴くこともできるが、滞在先の部屋にもオーディオがあるのが理想的。

高級ホテル・旅館では、携帯音楽プレーヤー用のスピーカーを備えているところも増えてきた。

持ち運びが便利なポータブルスピーカーも種類も豊富に出回っている。

 

ぜひ、今年の夏は、音楽と一緒に旅を満喫してほしい。

映画的に旅をするのも、一興という事です。