鳴子温泉郷は9種類の泉質?

JR東日本のCM。

「大人の休日倶楽部」鳴子編にて、吉永小百合さんが、「日本にある11種のうち、9種の泉質が揃うという鳴子温泉郷」・・・とナレーション。

 

ん?

たしか、以前、私の取材した記憶だと、ひとつ少ない8種類のはず!

 

鳴子温泉旅館組合のホームページをチェックしてみた。

すると、こう書いてあった。

※( )内は、新泉質名。

①    単純温泉(単純温泉)

②    重炭酸土類泉(炭酸水素塩泉)

③    重曹泉(炭酸水素塩泉)

④    食塩泉(塩化物泉)

⑤    芒硝泉・石膏泉(硫酸塩泉)

⑥    明礬泉(硫酸塩泉)

⑦    緑礬泉(鉄泉)

⑧    硫黄泉・硫化水素泉(硫黄泉)

⑨    酸性泉(酸性泉)

 

なるほど。

CMでは、「旧泉質名」で、9種類と言っているわけだ。

 

実際、現在では、掲示用泉質名(新泉質名)と呼ばれるものが一般的であるが、それは下記の通り、11種類に分けられている。

①    単純温泉

②    二酸化炭素泉(単純炭酸泉)

③    炭酸水素塩泉

④    塩化物泉

⑤    硫酸塩泉

⑥    含鉄泉(緑礬泉など)

⑦    含アルミニウム泉(含明礬・緑礬泉など)

⑧    含銅-鉄泉(含銅・酸性緑礬泉など)

⑨    硫黄泉

⑩    酸性泉

⑪    放射能泉

 

この分類でいけば、鳴子温泉郷の泉質は、②二酸化炭素泉、⑧含銅-鉄泉、⑨放射能泉・・・の3つが不足している。

つまり、新泉質名で言えば、鳴子温泉郷は、9種類ではなく、8種類が正解というわけ。

 

しかし、未だに、旧泉質名を併用して掲示している温泉地が多いのも事実。

それよりも、「温泉のデパート」という別称があるぐらい、泉質はもちろん、湯量が豊富な鳴子温泉郷。

9種類だろうが、8種類だろうが、鳴子温泉郷は、日本の温泉地では横綱クラスのランクである事は間違いない。

 

もともと11種類に大別したのも、人間が分かりやすく理解するためのもの。

成分が基準値まで届かず、泉質名の付かない温泉も存在するし・・・。

実際は、温泉地、いや、源泉井戸ごとに、泉質は違っている。

さまざまな成分が入り混じっているから、源泉ごとに泉質は微妙に違っているというわけだ。

国内には、およそ27,000本の源泉があると言われている。

厳密に言えば、すべて違う泉質という事なのだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です