近くの整体より、遠くの温泉

私の事務所は、東京・渋谷にある。

周辺は、丸の内や新宿のように、大きなビルが建ち並ぶわけでなく、いわゆる雑居ビルが犇めきあっている。

そんな街を歩いていると、1階には外食チェーンやコンビニなどお店が多いのが目立つが、2階以上に目を移すと、驚くほどマッサージ屋さんが多いのに驚く。

パソコン必須のこの世の中、IT疲れというか、現代病とも言える、肩こり、腰痛など、症状を訴える人が多いのは確か。

その証拠に、駅前の雑居ビルには、ほとんど、マッサージ関連のお店が入っている。

 

私も、そんなお店によく通っていた時期があった。

しかし、仕事柄、温泉に浸かる事が増えると、少しずつマッサージ屋さんに通う回数も減っていった。

 

温泉には、間違いなく効能がある。

まず、「物理的効果」というものから説明すると、「温熱」、「水圧」、「浮力」の3項目。

「温熱」は、カラダを温める事で、新陳代謝もよくなり、免疫力もアップさせる。筋肉などの緊張も解いてくれる。

「水圧」は、カラダ全体に圧力がかかり、いわゆる天然のマッサージとなる。湯に浸かると、足など下半身の血液が、水圧のかかりにくい胸部や心臓などに集まり、結果、血行を促進させ、心臓の負担を減らす。

「浮力」は、湯にカラダを首まで浸かると、体重は十分の一となる。よって、腰や膝などの関節部分への負担も軽くなる。

 

次に「化学的効果」。

温泉に浸かり、皮膚から温泉成分を吸収することによって得られる効果がそれ。

いわゆる、泉質によって違う適応症のこと。

 

そして「心理的効果」。

日常から離れ、山や海が見える温泉地に赴き、生活を変えるだけで、精神的にリラックスできる。

これは、五感を刺激することにより、自律神経のバランスを整え、精神的疲労、肉体的疲労を軽減させてくれる。

「転地効果」とも言われるものだ。

 

最近、「湯治」が見直されている。

数週間、自炊で温泉宿に泊まるのでなく、食事付きで、しかも2泊3日、3泊4日程度の、いわゆる「プチ湯治」とか「ミニ湯治」とか言われているものが、少しずつ支持を増やしているという。

 

観光や息抜き目的で、温泉旅行をするのではなく、ココロとカラダの疲れを取りに温泉に行くというのも、現代人にとって必要な気がする。

毎週、毎日にように、街のマッサージ屋さんに行くお金があるのであれば、ぜひ「プチ湯治」を試してほしい。

そう、泊まりがけの人間ドックに行く感覚で・・・。