温泉宿のホームページとネット予約システム

おかげさまで、最近、お宿さんから公式ホームページ(以下HP)の作成依頼が多い。

私の制作方針は「私にすべてお任せください」。

つまり、宿側との打ち合わせ無しに「売れるHP」「予約が入るHP」を作るという事。

偉そうな言い方をすれば「プロにお任せあれ」という事。

納品時に、初めて完成品をお宿さんに見せるといった、他ではあまり例のない事をしているわけだ。

 

しかし、いいHPができたとしても、すぐにいい反応が出る時はいいが、そうではない時もある。

それは、肝心要の、予約システムの宿泊プランに問題がある場合が多い。

 

例えば、宿泊日を指定して、宿泊プランを検索したとする。

すると、恐ろしいほど、無数のプランが表記される場合がある。

どれを選んでいいか、分からなくなる事態が発生する。

 

また、できるだけお安いプランを探そうとすると、格安プラン、お得なプラン、直前割引プラン・・・と、どれが一番お得か分からないプラン名が出る場合もある。

似たようなプラン名が多く出ても、比較できるようなデータが出ているなら、親切なのだが、こういった場合、残念ながら表記されていない場合が多い。

部屋食なのか、個室食事処なのか、レストランなのか?

夕食のコースのグレードは?

最低でも、そのぐらいの情報があれば、選択しやすくなるのに・・・。

 

これらの原因の多くは、宿側に宿泊プランの企画や、プラン名のコピーライティングが得意な人材が不足しているケース。

人材がいないから、外部の会社に、予約システムの管理、つまりプラン名を考え、部屋の在庫まで任せる事も多いようだ。

彼らは、出来高制で請け負っているところが多く、プランを乱発して、できるだけ宿泊予約を取ろうとしているのだ。

「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる」ということか・・・。

 

公式HPの制作会社が、予約システムの管理、宿泊プランまで企画すれば、いわゆる連動性があり、プランも分かりやすいものができる。

しかし、そんなケースは少ない。

従業員を多く雇っている宿やホテルは、企画会議などで、プランを考えるという。

そんな熱心な施設は、公式HPのトップページに、きれいな画像入りのバナーが数多く貼っている。

まさにチラシのようなHPが出来上がる。

 

公式HPからネット予約のページに行くと、ドメインが変わる。

つまり、ASPのレンタル予約システムのページに飛ぶわけだ。

ここに、的確で分かりやすい宿泊プランをラインナップできなければ、予約は増えない。

どうやって客を呼ぶかのビジネスで考えず、自分が客だったらこんなプランがいいなと思うようなものを考えなきゃだめ。

お客目線が、絶対に必要なのだ。