温泉旅館への取材スタイル

私は「貸切温泉どっとこむ」という、いわゆるインターネットサイトで、全国の温泉旅館の取材をし、記事を書いている。
サイト誕生は、ミレニアムの2000年になるが、現在、70%強の記事がそうであるように、大容量ページに再編集してからは、4年の年月が経った。

当初は、趣味で書いていたが、いつの間にかそれが仕事になってしまった。
人はそれを羨ましいとよく言うが、当の本人は、それほど実感はない。
いくつかの宿の経営者からの進言もあり、ビジネスにしたわけであるが、今思えば、必然だった様な気もする。
趣味を仕事にするな・・・との格言もあるが、趣味を仕事にした瞬間、それは趣味ではなくなる・・・という意味からなのだろうか?
私は、困ったことに、趣味と仕事の境目が分からなくなってしまっている。
まあ、それはそれで幸せな事なのかもしれない。

話を戻すが、記事を大容量、すなわち、詳細にデータをまとめたのは、大きな理由がある。
特に温泉情報のデータ。
泉質名は書いてあっても、源泉がどのように使われているか(かけ流し、併用、循環、運び湯など)、表記されてない場合が多い。
浴槽の温泉の入替頻度などは、まったく書いていない。

温泉評論家、温泉ライターなどと称する人は、記事を出版の場合、字数の問題もあり、データを簡潔化するのは、仕方ないが、ウェブサイトでも同じような、あっさりデータはいかがなものかと思う。
つまり、本当に、真面目に取材しているのか?と問い詰めたくなる。

私には、子供が3人いるが、小さい頃、アトピー性皮膚炎で悩まされ、源泉かけ流しの温泉に、できるだけ連れて行こうとした。
私が20代の頃は、インターネットもなかったから、温泉評論家やライターさんが書く記事をあてにして、宿選びをしたものだ。

しかし、温泉の情報は、よく間違っていた。
源泉100%かけ流しと紹介している宿が、塩素消毒しての循環ろ過装置を導入していた場合が多かった。
そんな宿に、その評論家先生が取材にきた時の事を、宿のご主人に聞くと、驚くべき話を耳にする。
取材というのも、ほんの数時間。
あとは、お酒を飲んで、料理食べて、少し話して、翌日、自分の書いた本を売店に卸して帰るだけ。

私は宿泊取材の場合、最低でも12時間は活動するけど・・・。
要するに、私は少なくとも、いい加減な取材はしない。
サイトを運営する以上、徹底した、正確な記事を、自分だけは書いていこうと誓った。

同時に、取材対象者である温泉旅館に、情報公開を求めた。
結果、いいかげんな宿は淘汰され、良心のある宿だけが「貸切温泉どっとこむ」に残った。

現在、私は、取材だけでなく、宿の公式ホームページ(HP)制作の仕事がよく来るようになった。
私は、宿側と打ち合わせをしない、私にお任せというスタイルにも関わらず。
これも、旅館に出入りしている、ウェブコンサルタント会社のレベルの低さ。
いかに画像をきれいに配置して、見た目重視のサイトばかり。
同じプラットフォームに、違う画像を載せて、コストダウンも図っているが、私には、どこも同じ金太郎飴のHPにしか見えない。

私は、取材者としてではなく、お客として3000軒の宿に泊まった経験がある。
そして、ここ10年は、取材者として、宿を見てきた。
同時に、25年以上、大手メーカー向けの販促プロモーションの企画書を書いてきたキャリアもある。
つまり、客目線と、マーケティング目線と、同時に宿を見られるのだ。

よくある宿の公式HPには、何かが足りない。
だから、予約サイトに蹂躙されるのだ。
ところで、宿の公式HPを作るウェブデザイナーは、何軒、温泉旅館に泊まった事があるのか?
見せかけだけの、ウェブサイトも淘汰される時代になったのかもしれない。