動画×SNS=成功への近道

ひと昔前には、考えられなかった話である。

動画は、素人が撮った自分本位のものと思われていた。

SNSなんて、今みたいに自分発信の自己メディアになるとは思わなかった。

ところが、それぞれが成長し、レベルアップし、今やマーケティングに欠かせないものとなった。

 

動画は、文字表現の数万倍の速さで情報を伝達する。

SNSは、その動画を投稿なり、シェアすることにより、拡散することができる。

この2つを使いこなせれば、最強のマーケティングと言えるだろう。

 

ところが、私の働くフィールドである、宿泊施設、温泉施設などの業界では、この手法に力を入れているところは、ほとんどない。

悲しいかな、日本人特有の前例主義、横並び大好き、協調路線がこうさせているのか・・・。

 

土台であり、ベースキャンプである自社Webサイトに、この方法、つまりYouTube動画と、SNSを組み合わせれば、よりたくさんの人たちに知らされ、理解されていくだろう。

温泉だって、客室だって動画の方がよく分かる。

料理なんて、湯気も出ているし、肉が焼ける音もする。

周辺観光だって、ドローンを飛ばせて見せれば、こんないいところがあったのかと認識させてくれる。

 

いま、情報をできるだけ時短で、深く伝えていくかによって売り上げが違ってくる時代。

そういった意味では、私がやっている事は、絶対に間違っていない。

実績も、少なからず積み上げてきた。

そういえば、最近営業的なことは忙しくてできていなかったが、時間を見つけて、ここ数日で4軒ほど温泉旅館を営業訪問した。

戦績は、その場で成約していただいたのが1軒。後に成約いただいたのが1軒。残り2軒は、もう一度担当者を出席させるから、再プレゼンしてくれと頼まれた。

 

時代はやっと動いてきたかな・・・。

動画を作れる業者はたくさんある。

温泉を語れる評論家やライターもたくさんいる。

でも、それをマーケティングとして、SNSと組み合わせて応用して、売上げに貢献できる会社はほとんどない。

やはり、オンリーワンの会社は生き残る可能性は高いのだ。

リサーチ不足による記事の罪

ある雑誌の、対談形式のインタビュー記事を読む機会があった。

そこには、偶然にも私の知っている温泉旅館の破たん・廃業についてのものだった。

そこまでに至る経緯はある程度、間違っていなかったと思うが、根本的な事実、背景は、まったく違うものと私は感じた。

報道された情報と、関係者(?)からの一部情報だけで、論じていたからだ。

 

雑誌編集も、ニュース・報道を作る現場も、結果的には、“人”の視点、裁量によるもので作られていく。

だからこそ、あらゆる角度から、様々な視点からの取材、リサーチの必要性が出てくる。

 

また、SNS全盛の時代、動画や画像が溢れている時代だからこそ、一部分を“切り取り”することで、メディアは別な意味、違った印象を視聴者に与える事ができる。

だから、ある意味恐ろしい。

 

今のアメリカの大統領は、一部の既存大手メディアと対立している。

理由は、メディアを通しての報道が、自分の考えている事と一致しないからに他ならない。

だから、ツイッターなどダイレクトな自分発信をしているのだろう。

 

しかし、結果的には、事実がどうであろうと、受け手である側の人たちがどう思うかの話。

そこを考えないと、大きな計算間違いを起こす。

 

自分も、取材活動を生業のひとつにしている身。

改めて、あらゆる方面からのリサーチを心がけ、“事実に近い”記事を書いていこうと思う。

最近のホテル・旅館の公式Webサイト

いまや、全国のホテル旅館の公式Webサイトが、画像も含め、洗練されたものが多くなった。

ほんの数年前までは、けっこう各施設で格差があったものだが・・・。

これも、宿泊施設の経営者が、ネット戦略に本腰を入れてきた事に、大いに関連しているからだろう。

 

ただし、Webサイトは、どこも似たり寄ったりの様相。

デザインが良くなっても、個性的なサイトを探すのが難しくなった感じもする。

 

そして、肝心のサイトの中身を検証してみると、私からすると、決定的に欠陥とも言えるポイントがある。

温泉旅館のWebサイトを例にとると、メインコンテンツとしては、施設、温泉(風呂)、客室、料理、アクセス・・・とあるが、その中でも、一番重要なのに、一番手抜きされているコンテンツがあるのに気が付くのだ。

 

それはいわゆる「周辺観光」(宿周辺の見どころ)。

その宿があるエリアには、どんな景勝地、歴史的遺産、施設、そしてイベントがあるか、詳細に紹介しているサイトは少ない。

何も、有名な観光地や景勝地なんて要らない。

そこに、穴場的なスポットでも構わないから、こんな面白いところがあるんだというプレゼンテーションが無さすぎるのだ。

マイナーでも、インスタ映えするスポットの紹介は面白いはずだ。

地元に住んでいると気づかないが、旅行者の目線では新鮮に映ることはよくある事。

最近のインバウンドの隆盛で分かるように、日本人が、気づかなかった魅力を、外国人旅行客が見つけてくれた状況は、皆さんご存知のはず。

 

宿に泊まるだけの目的で旅行する人には関係ないかもしれないが、一般的に旅行者は、旅の途中で、何かしら刺激や思い出に残るような体験をしたいはず。

宿泊先の紹介はもちろん必要だが、それだけであれば、いわゆる自宅の「点」と、宿泊先の「点」を結ぶだけの紹介。

旅行者には、「点」から、宿とその周辺エリアである「面」を紹介すべきと思う。

 

周辺の景勝地、歴史的遺産、施設、イベントは、その宿の「魅力」でもあるからだ。

それを自らのWebサイトで、詳細に紹介しないのは、いかにももったいない。

画像を張り付けるだけ、または観光協会のサイトにリンクをはるだけでなく、他のメインコンテンツと同様に充実させるべきだと思う。

動画は、間違いなく効果的だろう。

旅をさせるための三要素と言われる「時間」「お金」「モチベーション」のうち、一番大事な、旅行をしたいという「モチベーション」を刺激することは、必要不可欠と思うのは私だけであろうか。